05
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

第50回メリーモナーク・フェスティバルが終了しました

記念の節目となる大会とあって、注目を浴びました第50回のメリーモナーク・フェスティバルが終了しました。皆さんはどこで観戦されましたか?



私の属するハーラウも一部関わる機会を頂いて、とても貴重な経験をさせていただきました。私たちは、このメリモを織り込みながら、ハワイ島半分をドライブでフアカイをしましたが、毎晩3〜4時間ほどしか睡眠時間がないほどの強行スケジュールでした。

おかげで、ホノルルに帰ってきたその晩のカヒコ・ナイトは完璧にソファでぐっすり、金曜日のアウアナ・ナイトは見ていたものの、半分は朦朧として、スローなナンバーが多かったため子守唄のようになっていました。(笑)記念ですから、後でビデオを買います。(笑)

さて、私たちが会場で見られたのはホーイケ・ナイト。今はクムフラやプラクティショナーとして活躍する大御所のオンパレードとあって、会場は興奮のるつぼに化していました。残念ながらテレビ中継は午後8時からでしたので、前半の様子はあまり映っていなかったようですが、来月あたりに放映されるようです。

いつもなら日本やタヒチからのハーラウなどが出場するホーイケですが、今年はすべてハワイのハーラウだったようです。それにしても見事なメンツがステージを飾っていました。まるでナー・ホークー・ハノハノ賞のようにミュージシャンの顔ぶれもすごかったですよね。

大会の方をまったく見ていない様な状況なので(笑)、会場がどうだったかは分らないのですが、なぜか終了時間には目が覚めて、アンティ・プアのコメントを聞き逃すことはありませんでした。特に、大会最後に、このメリーモナークを世界各地100数カ所からアクセスされていることに言及した彼女が言った言葉が非常に印象に残りました。

それは、
「フラはハワイの土地のものなのに、(他の国の人が一生懸命)やっているのが、よくわからない」という短い言葉でした。

でも、非常に重みを持って聞こえました。「あなたの国の文化はどうしたんですか?」と問われているようでもあって、です。あるクラスで、4月8日は日本では何の日ですか?と聞かれて、参加している日本人が老若男女揃えて誰も答えられなかったのもありました。

もちろん、そう言いながら、こういうブログを書いたり、メレを解釈してみたりしている自分もいるわけで、やっていることと言っていることが矛盾していると言われてしまえばそれまでなんですが、やはり日本の方には日本の文化をまず第一に考えて欲しいと思っています。

フラを学びながらも、やはり日本の言葉や文化、考え方、生き方を捨てることはしたくないと思います。逆にフラを学んでいるとそこから日本の良さに気付くこともあります。日本人が忘れていることに気付くこともできます。

今回のフアカイの最後に、ハーラウの中でのおもしろ表彰式があり、私も二つの賞を頂きました。一つは「フラに情熱をかけている人」ですが、私の場合は情熱をかけているというよりも、まあ、まじめだからトコトン行っちゃうのよね、ってなくらいです。この先、どこに進んで行くかは分りませんが、フラを学ばせてもらえているうちは、自分の中の日本を大切にしながらハワイに貢献したいと思ったフアカイでした。こんな素晴らしい機会を与えてくれた家族や友人、クムやフラシスターなど多くの人々、そして自然の霊や先祖に感謝をしてもしきれません。私たちは本当に行きているだけでラッキーなんですね。
関連記事

theme : ハワイ
genre : 海外情報

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
411位
アクセスランキングを見る>>