06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラクティショナー

ハワイでは、フラにしても、タロ畑を耕していても、楽器を作っていても、タトゥを彫っていても、みんな『プラクティショナー』という言葉を使います。



この『プラクティショナー』は文字通り、プラクティス(練習する、実践する)から来ている言葉で、Practice自体には習慣づけて行っているとか、実際に、とか開業してとか、熟練しているとか、そんな言葉が英和辞典に並びます。弁護士や開業医もいわばプラクティショナーなんですね。

フラで言えば、やはり伝統に則って行っている人達がこの部類に入るのではないかと思います。だから、コンペとかショーばかりとなるとちょっとずれるような。どこで線を引くかというのはないですが、やはり『プラクティショナー』と言われて恥じない生活と勉強があるのではないかと感じています。

うちのクムたちも、もちろんこの『プラクティショナー』です。アラカイの中にもハワイ語が流暢で、実際ハワイ語教育に従事している人達もいるし、とにかくこういう人達の中にいると、全く以てハワイアンの生活なんですね。

そして、それは、今週の木曜日だけイベントがあるからやるけど、週末はアメリカン(日本)の生活に戻る、ってわけではないのです。そういう意味から行くと、日本のフラはまったく当てはまらないんです。ハワイのフラとどこが違う?って皆さん考えると思いますが、大きな違いはここなんじゃないでしょうか。

もちろんハワイの中でも、日本よりでフラに従事しているけれどエンターテイメント性の方が大きいとなると、あまりこの「プラクティショナー」という呼び方はされないような気がします。プラクティショナーの一番良い例は、ハワイ島のカナ〇〇〇ファミリーですね。

これはね、日本人でこの中にいると、結構大変なんでございます。時には息切れがします。エンタメ性の日本が右でハワイアン・プラクティショナーが左だとすると、振り子のようにあまり大きく振れると逆に戻りたくなるんですね。かといって、私が右に大きく(右でも左でもこの際良いのですが)振れたいかというと、答えはノーなんですが、右にも左にも行かない中道でいたいなあと。

で、中道なんて偉そうな言葉ですが、要するにちょっと手を抜いて息抜きしていたいかなあ、なんて。(笑)左の厳しさも大変なら、その真逆のお金の世界も嫌だなあって。

ガイジンでプラクティショナーになるというのは、よほどの覚悟と意気込み、そして没頭が必要とされると思います。例えば、ハワイ語の権威、ノージェルマイヤーさんみたいに。私のように、「日本人だよな〜〜〜」と迷っている人間は、やっぱりそこまで行けません。ってなことで、疲れというよりも、いつも自分の中の「日本人」が大きいんで、絶えず考える事があるんですね。それと、自分はそもそもそんなに偉い人じゃないので、ひっそりしていたいな、っていうのも大きいんです。そんな今日この頃。(笑)
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

Re: タイトルなし

teaさん、コメントありがとうございます。
そうですね、多分、フラ暦といわれる時間的な長さよりも、どれだけ多くを見たかによって気付くものってあると思います。

私のブログでさえ、初めの頃と今とでは言っている事が違うと思うんです。まだたった二つぐらいしかハーラウを経験していなくて、ハワイアンの人達との交流もそれほど多様にない頃は、頭でっかちだったような気がします。

例えばパウスカート。頭からかぶるものだ!というルールを絶対守らなければならないという事ではなくて、頭からだろうが足からだろうが良いじゃないの!と柔軟性を持って考えられるのが良いのではないでしょうか。そして、そういう細かい事にこだわるのではなくて、もっと守らなければならない事をしっかり守る。同じパウスカートでいえば、これはやはり練習用のスカートなので、街着ではないんですよね。

最近もお揃いのハーラウTシャツでパウスカートを履いてファーマーズマーケットを歩いている日本人グループにお会いしましたが、名前が入ったTシャツを着ているという事は、必要以上に自分の存在を知らしめてしまいます。ああ、ここのクムはそういう話をしないんだなあ、ということまで見られてしまうんですよね。

以前、マーノアでショーをしたときに、無料でビールやワインが出されたのですが、たった1パイ飲んで真っ赤になっていた私がシスターたちが帰ったあとも残っていると、アラカイが「ハーラウのTシャツを着て一人でふらふら帰るな!」と私を彼女たちの輪に引き込みました。いや、そのつもりはなかったんですけど(笑)、ハーラウの名前が入った服で酔っぱらい運転でもしようもんならすぐ噂になっちゃいますからね。

あるハーラウのクムなどは街で着るブラウスまでうるさいと言いますが、これはしっかりと生徒たちを指導しているからなのだと思います。

私がここで公にハーラウの名前やクムの名前を出さないのも、そういう背景があります。いくらクムが有名でも、ハーラウが有名でも、自分が有名なわけではないですからね。そういう事を考えると、無責任の様かもしれないけれど、名前も出さず、ただひっそりと目だたなくいるのが、結構利口だったりするのじゃないかと思うんです。ホント、沈黙は金です♪

中道、わかります!
私も中道(笑)都合良すぎると言われたら、返す言葉もありませんが、日本でフラを長くしている私が願うのは、『本場ハワイではこうだ』とか、そういう事を都合良く言わないでもらいたいと言うか(笑)それもこれも、私がフラに人生を捧げた日本人を知っているからと思います。その人が時々疲れてしまい、許して!と言いながら手を抜くのは理解できるのですが、ただ長くフラをして、そしてハワイのクムを探して契約し、先生になった方が、『フラを冒涜しないで』などと言ったりするのが…残念。

それでも私はフラが好きなので、習い続けているのですが…。
じゃあどうするのか。
トゥアヒネさんが書かれていた様に、人生一度きり、楽しくやりたい事をしよう!ですね。自由に。
『自由』は一時的な答えでしかないかもしれませんが、タイミングが合ったのか、『自由』の響きがとても心に染みました!
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
264位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。