10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
24
25
26
27
28
29
30
31
   

日本人とお金

なかなか更新がままなりません!夜帰って来てメールをチェックして、ブログを書こうかなあ・・・と思っていると、キーボードに手を置いたまま居眠りしています。

ってなことで、ネタがたくさんあってもまとまりません・・・。でも、今日はちょっと時間が出来ましたので、日頃思っていたことをちらっと書いておこうかなって思います。



それは先日ある人と会話をしていたときに脳内にあった思いがさらに助長された感じなんです。

ある人は言いました。ハワイの人たちは日本人がお金をたくさん使うことによって、かなり助けられている、と。

私が日頃あちこちで仕事のお手伝いをしていても、日本人のお金の使い方って、半端じゃないですよね。バブル期ほどではないにしても、旅行に出たら、あの人にもこの人にもお土産を買わなきゃ・・・ってことで、大量に買い込みます。フツーのサラリーマンの人たちは、会社の人に「お土産を買ってシャアしてあげよう!」というよりも、ほとんどが義理で、一人当たり1ドルどころか、数十セントで十分でしょう〜というのをよく見ます。

自分も例外ではないからよくわかるのですが、なんと無駄な文化でしょう。思いきって「あげたい」と思う人だけに買えればいいのになあって思います。


そして、また別の機会にお店の中を見回すことがありました。プラスチックの容器、Tシャツ、髪飾り、人形、ぬいぐるみ、飾りのついたスリッパ、生活に必要のない、いずれはゴミと化すものがあふれています。地球がどんどんゴミの山になっていくんですね。「作れば売れる」時代は終わった、とは言うものの、まだまだ作られています。

そして、ハワイらしいお土産になるものは、時々日本人が束で買っていくんですね。2人のまったく異なるアメリカ人が、「この前、うちのxxを○○個も買っていったよ。あんな買い方をするのは日本人ぐらいだね。こっちは助かるけど」というのを聞きました。この○○個の中には当然10や20の数字が入ります。


そして、実はここからが本題なんです!(笑)

これを利用する人もいるということです。対象となる商品は、食べ物のような消耗品かもしれないし、またはフラのレッスンのような文化的なもの、あるいはミュージシャンの値段などという無形財産にあたるものかもしれません。

とにかく、「日本人はお金を持っている」という認識があります。これが「日本人からならお金をとっても良い」と考えるアメリカ人(私が感じた人たちはアメリカ人なので)がいるということです。フェアに行われていないんですね。でも、英語がわからなかったりすると、差別されていてもわからない。当の本人たちがハッピーなのだからあえて私が口を挟む必要はないのですが、母国の人々がこうして搾取されるのを見たり聞いたりするのは、本当に胸が痛いです。

でも、これは今のモノにこだわり、モノを大量に買える購買力を日本人が持つ限り、どこかで起こることなのだと思います。大量に持ち込んでも日本のゴミを増やすだけなんですけどね。

日本人がモノを買い漁ることを止めて、旅行に出たらくつろぐことやその土地の文化などを堪能して帰るようになったら、きっとワイキキは大変なことになるでしょう。そういう自分もモノを作って売ったりしていますが(笑)。

でも、例えばワイキキでのビジネスが下火になっても別にいいんじゃない〜?とも思うんです。なぜそれほどブランドもののバッグが必要なんでしょう?どれだけのものをタンスにしまえば気が済むのでしょう?昔の人は最低限のものを持って生活していたんですよね。そして、ワイキキは王様たちの土地で平民は入れませんでした。そんな世の中になってもいいんじゃな〜い?って時々夢見がちに思います。(笑)
関連記事

theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
219位
アクセスランキングを見る>>