08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人歩きするフラ

プリンスロットが終わったと思ったら、次はファンドレーザー、そして、踊る予定に入っていなかった9月のイベントと、後から後からいろんなものが降ってきます・・・。

昨日1曲教わったばかりなのに、今日はまた1曲。大クムだけがクックックッと笑っています。

時には頭ばかりが働いてからだがすぐについて行かない私は、久しぶりに大声で指摘されました。叱られても、やっぱりやってる事をからだが分からないから、仕方ありません・・・。(笑)



「何であなたが注意されるかわかる?」と年長のシスターがクラスの後に囁きました。「できないからに決まってるやん」と思ったのですが、「あなたに完璧にこなして欲しいからよ。構わない人間は注意しないんだから」とうれしい事を言ってくれましたが、やっぱりできなくて目立つから注意されてるんです。(笑)

外国生まれの私にそこまで必死に教えてくれるのは本当にありがたい事で、クラスの終わりのお祈りのときには、思わず最後に(半分漫才っぽいんですが)合掌しました。(笑)こんなおちゃらけたハウマナが多い私達同期に対しては、昔に比べたらはるかに優しい大クムになっちゃっているようです。それだけ進歩も遅くなるんですが。

将来クムになろうとか、ずっと続けてフラを学ぼうとか、そんな事これっぽっちも考えていない私も含めて、いつまで付いてくるか分からない私達をクムフラ達はなんと辛抱強く指導してくれるのだろうとありがたくなります。みんな無休、無給ですからね。習い事なんて範疇を超えています。


さて、前置きが長くなりましたが、コメント頂いたプアケアさんへのお返事も含めて記事にしたいと思います。

色々な方から個別のメールだとか鍵コメとか頂きますが、告白して下さるのは良いのですが、そこで私も一緒にナイショの話をしてしまうと一方的な側面しか見ないで話す事になってしまうので、公平を記するためにも、私の返答はリクエストとかを除いては、このブログ上でするようにしたいと思っています。


時々日本の方のコメントなどを拝見していますと、フラを神聖なものとして見なすのは良いのですが、かなりイメージを作り上げている様な感じがします。これは、フラに限らず、ハワイ好きの人がハワイについて語る時の、なんて言うんでしょう?幻想を見ている様な、そんな感じにも似ています。日本のメディアが作り上げているというのもありですね、きっと。

私達がフラを習って踊るときに、必ずそのストーリーを理解するために話を聞きますが、踊る事で人間が成長するとか言うわけでなくて、ハーラウの生活や、シスター達との共同作業、学習しながらいわば復習する人生勉強、そういうすべての事が学びになっていると思います。だから、「アロハ・スピリッツで踊る本当のハワイのフラ」というのは、あまりピンと来ません。もちろん踊りの形も大切なのですが、それよりも昔のハワイアンはどういう考えでどう暮らしていたかと言う智恵の様なものを教わる方が大きいです。


だから、日本の人にはがっかりさせる事かもしれませんが、今のハーラウの先生に習い始めて勉強したのは、自分の家族の大切さ、自分の祖先のありがたさ、自然のありがたさです。ぶっちゃけた話、日本神道(分類とか分からないので、私なりのシントーです)そのものに近いものがあります。だから、なおさら、私は日本でフラをやろうと思わなくなったのです。学んだものを日本で実行するとすれば、それは日本文化の継承であり、日本の自然を大切にする事であり、日本人のこころ、日本の神々を崇め奉る事です。それが日本に生まれた日本人が守っていくものだと思うのです。

「日本のフラが嫌い」「商売主義がいや」と言う人が時々たずねていらっしゃいます。なら、いっその事離れる事だと思います。フラでお金をもらったら、もうこれはビジネスでしょう。儲かっていようがいまいが仕事です。間違って欲しくないのは、ビジネスにする事が悪いという意味ではないです。

もちろん、ハワイのクムフラ達もお金をもらってレッスンをしますが、彼らは文化を継承して行くということを担っています。いまだに、私は、ハワイのクムフラが日本を始めとするハワイ以外の場所で文化を伝えようとする、というその意味が分かりません。ハワイの中でさえ、ハワイアンの価値観が浸透しているわけではないですし、フラどころかハワイ語を禁止された時期もあり、ココは「アメリカの州」であって、ほとんどの人は「アメリカ人」の生活をしています。フラを広めて行くのなら、まず基礎となるハワイの中で行うのが筋ではないかと思います。

メインランド(アメリカ本土)でフラが広まっているのは、ハワイの人達がメインランドにたくさん移住しているからです。彼らは自分の生まれた土地の文化を大切に守り続けているのです。その形がハワイのものとずれてきていても、それは彼らに取っての「故郷」だし、「生まれた場所」なんですよね。

ちょっと話がずれましたが、フラは日本の文化ではなく、一つの習い事なのだから仕方がないと思います。着飾って踊って楽しい!と言う人が後を絶たないのだから、そこで、「日本のフラは」と言ったところで始まらないでしょう。ハワイのクムやミュージシャン達が日本でお金儲けを始めたのも、日本の広告代理店、観光業界やイベント団体が仕組んだものだと思います。また、必死にクムフラに頼み込んでつながりを作って行った人たちもいるでしょう。そういう人たちがハワイの人をもてなすのに甘い水を与え続けたのでしょう。それに乗っかっているのが、日本でフラに夢中になっている一般の人達です。日本人がたくさん出場するフラ・コンペがハワイで行われても、現地の人間はあまり知らず、そこに日本人が集まっているのは不思議な光景です。

フラにお金とか、好き嫌いとか、損得勘定といったポリティクスが入り込みすぎると、腐り出します。

プアケアさんがどんな離れ方をしたのかはわからないですが、学校を離れたり、選び直したりする自由があるべきだというハワイアンの人がいました。そうでないと、フラの色々な側面が学べないからです。

もちろんいつも言っているように、簡単にあっちに行ったりこっちに来たりするものではありません。

でも、そういう意味では、正しい事をしていたら、なんだかんだ言われる必要はないですよね。また、言われたとしても言う方がお気の毒です。

「クムの家に住み込み、レッスンを受けていたので家族同然でした。」
日本の方がハワイのクムと非常に親しくお付き合いされているのをよく見ます。ハワイの人も面倒見が良いし、オハナ文化ですから、家族同様のお付き合いができます。

私は「親しき仲にも礼儀あり」を頭に置いて、ベッタリのお付き合いはしないようにしています。なぜかというと、心が許し始めると、愚痴を聞いたり、嫌な面を見たり、余程心が出来ていないと許せなくなる様な事がたくさん出てくるからです。クムも私も、みな人間ですから、完璧な人なんていませんしね。

私がなぜ、フラを続けるか?

一つはハワイにいるからです。単純ですが。このハワイでフラをする人たちとハワイアンの人達ほど、このハワイの自然を大切にしている人はいないと思います。ココに住ませて頂いている感謝をそのまま表す事ができます。

もう一つは、今のクムのスタイルが好きだから。そして、周りのクムやアラカイやシスター達が家族みたいに好きだから。要するに好きだから続けています。だから、みんなで踊っている時が楽しいです。

そして、一番大きな理由は、多分、日本人である私を思い出させてくれて、日本人の価値観を気付き直す事ができるからです。大クムがシェアしてくれる話を聞けば聞くほど、自分の中の大切な物に近付く事ができるからです。


私はもともと好きな事にはものすごくまじめに夢中になって取り組むタイプなので、出席率は一番でしょうし、周りはお産や学校で来なかったりする同期が多いので、踊りの列で前に出される事も多くなってきました。反面、今のハーラウでココの文化を引き継いで行こうなんてことは、あまりにも荷が重すぎて考えられません。ただし、ここでお世話になっている間はしっかりとハーラウのために役に立ちたいと思います。それだけが私のできる恩返しだと思っています。

好きな事はとことんやれば良いと思います。「日本のフラを変えよう」というよりは、日本の人達に、せっかく日本に住んでいるのだから、その良さをもう一度見直してもらいたいという方が本音です。日本人はハワイアンではありません。日本人の故郷は日本です。日本の神様は神社にいらっしゃいます。富士山は富士山でマウナケアではありません。湘南もワイキキではありません。日本の地名がありながら、いきなりハワイアンになってしまうと日本の土地の精霊が悲しがるのではないかなと思うのは、どうも私だけなんでしょうか???


にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと押していただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

こちらも覗いてみてね!


ブログランキング
関連記事

theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

Re: No title

> フラは私を育ててくれます。

waiさん、その通りだと思います。フラは踊りだけじゃないんですよね。

No title

フラが好きです。私の先生が好きです。
最近自分の国、日本を知りたいというか感じたいというか、言葉に上手く出来ないですが、山に行ったり、神社を訪ねたりしています。
私も 森も 川も 鳥や虫もみんな同じ ひとつだと感じます。
フラは私を育ててくれます。

Re: No title

ここまで業界が成長すると、日本のフラってまったく別ものという感じがします。そんな状況でもハワイの人達はそれぞれの考えで関わって行っているんですよねえ。大したもんだと思います。私なんて面倒くさくなると「いっちや〜めた〜!」の人なんで、ある意味尊敬です。

Re: No title

Puakeaさま

勝手に借用させて頂いて失礼致しました。Puakeaさんの場合は見えるコメントになっているのですが、他にも閲覧できないコメントを寄せて頂く事もあります。それで誰と言うわけでなくて、全ての方を対象にお話ししたつもりだったのですが、個人的なコメントのようになってしまいました。ですので、告白とは受け取っていませんので大丈夫です。

Puakeaさんのお教室探しのように、日本の皆さんが色々な思いでフラに取り組まれているのが良く分かります。だから、ハワイのクム達も心を動かされるんでしょうね。その熱意を自分の生まれた国に向けているのが、ハワイアンの人達だと思います。私がフラから教わるのはそういった面が多いです。外に目を向けるよりも、中を見るという感じでしょうか。そんなところを上手く伝えられたら良いのですが、難しいですね〜。またご意見下さい。あらためましてコメントありがとうございました。

No title

クムについて、先生が「人間だからね」
って前に仰ったことがあって、それがすごく印象的でした。
私たち、勝手に美化しているところがあるかもって
フラシスと話していました。

あくまで、習い事の範囲で考えれば、
勝手に神聖化して、クムって神々の生まれ変わりなんて
思うことはないし、
職業として生業にしている人は別でしょうけど

ある程度何でも距離を置くと言うことも
また、習い事なら踏み越えてはならない一線もあると
ふまえながらであれば
日本人として、ハワイの文化を浸食せずに
趣味として続けられるかなと思っています。


No title

お返事有難うございました!。 お話とても納得致します。
個人的な内容にも関わらず、お忙しいのに長い時間を費やし、お心を砕いて下さって本当に有難うございました。

私からのコメントは、告白の様になってしまい気が重くされたと思いますが、ごめんなさい!
なかなか、私が感じる思いと同じ方向の方に出会う事が無かったので、めちゃくちゃ嬉しくて、山の様にお話してしまいました。

客観的にご意見を聞かせて頂けて、とても勉強になりました。

やっぱり、Tuahineさんのお話の内容はすごく趣きがあって好きです。 宮殿ツアーでもお目にかかってみたいです、

また、お邪魔させて頂きます。ありがとう御座いました! puakea








Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
282位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。