06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Die Harder!

ハワイでは、多分日本の何倍もの量の練習をすると思います。

思います、というのは、当然のことながら私が経験したハーラウの数も少なければ、あちらこちらの人に様子を聞いたりもしないから、基本的には自分のところしかわからないのですね。



私は考えてみると、カリフォルニアでフラを始めた時から1週に1回だけでは済まされていないような気がします。カリフォルニアの時は、ずいぶん前になってしまうのでよく覚えがないのですが、確か余分に行っていたような気がします。その時の月謝は週1で、余計に出ればその分払うようになっていたので、出たければ自由にお金を払って行けたんですね、その頃は。

ハワイに来てからは、フラの授業料というのは、メインランドとか、もちろん日本に比べたら、はるかに安いです。フラの先生達は文化を伝えるためにやっているので、それを稼ぎとしているわけではないからです。もちろん、お高い方もいるようです。でも、私が経験した2人のクムフラは、はるかに良心的な値段で教えてくれています。

特に今の先生は「文化継承」だけを念頭において行っているような人なので、週に2回のレッスンで「これっぽっち???」というような値段です。

ハーラウによっては無料のところもあるようですね。

さて、ずれましたが、お金のことでなくて、練習量。

レッスンは新しい曲を習う場所でもありますが、習った場合は「練習」の場所でなくて、「完成」の場所になります。だから、必然的に家で練習をするのがあたりまえということになります。そんな調子ですから、先週習ったばかりの曲は今週通して完璧にして来週には舞台で踊る、なんてことも頻繁に起こります。練習していなければ置いて行かれることになります。

オリにしても、1回聞いて、次のときにはマスターなんてこともあれば、去年カウアイ島に行ったときには、前の晩に習って翌日本番でした。(笑)

私の属するハーラウは、身の回りのものは基本的に自分たちで揃えます。去年のコンペの衣装も複雑な形のブラウスを除いて、パウもホロクのドレスも自分たちで縫ったのはブログに書いたことですね。レイやレイポオ、ココもすべて自分達で探してきて完成します。今週はブーゲンビリアのココで次の日曜日はティーリーフのスカート。

こんな感じでやる作業は多いし、覚えることも多いし、宿題も多いし、舞台もたくさんあるし・・・と言うことなので、部員は沢山いても幽霊部員になったり脱落したりする人が結構います。ハワイに日本のフラ愛好家がいらっしゃると、フラをやっていることを得意気にしている人をよく見かけますが、多分、ハワイのほとんどの人はフラを何らかの形でかじっているのだと思います。実際踊っている人が限られているのは、ただ単に、生活を続けて行く上でフラをやって行くのはシンドイってことなのです。

だから、敢えて「フラをやっています!」と自己主張する必要がないんですね。というか、その意味がない!(笑)

今週末はプリンスロット。ケイキちゃんたちの後にお姉さんやアンティたちが今回はフラ・マッイ(性的な踊り)を踊ります。実はこのフラ・マッイはステップが難しいのでアラカイだけが踊ることになっていました。めちゃくちゃポルノ的な踊りです。でも、すごく素敵なメレでもあります。私はアラカイではないので、ざ〜んね〜ん!と思いながらも踊りたいな〜〜〜と思っていました。そのくらい素敵な踊りです。

でも、アラカイではないので(くどく)練習しなくても良いやとも甘く見ていました。

今週の土曜日はプリンスロットだけではなく、ヘルモアのショーもあります。まさしくダイハーダー!そして、ヘルモアのショーはケイキちゃんたちが出ないので、大人だけで8〜9曲をこなさないと30分持ちません!

集まったダイハーダーは、アラカイ、ティーン(オラパ並みの上手さです)にその他の私達6〜7人です。ティーンは6〜7曲を踊らされる勢い、私達でさえ5曲です。ちなみにうちのハーラウの舞台はカヒコです。今晩は、そのラインアップを決めました。

そこで、最後にフトあるクムに聞きました。
「プリンスロットのラインアップは決めましたっけ?」「私達が先に踊るんですよね?」

するとクムの答えは
「今晩やったのと同じような感じよ」「みんな両方踊るから」

要するに、アラカイだけが踊ると思っていたフラ・マッイを私達も踊るということです。私の読みはいつでも甘いんです。結局のところ、プリンスロットもヘルモアも真剣に全部復習しなさいよ、ってことです。

そして、土曜日はいつもKCCに行っていたのを忘れていました。今週は9時半ぐらいまで働けば良いのかしら???

こんな感じで終わる週末が明けて、ダイハーダーの月曜日はいつもバタンキューです。


にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと押していただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

こちらも覗いてみてね!


ブログランキング
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

Re: レッスンは........

> もう少し ゆっくり教えていただいて 1曲を 丹念に踊りたいと思うのは私だけなのでしょうか?

そのハーラウでのレベルにもよると思います。新入生が多いところでは、そのような教え方はしないのではないでしょうか。私が書いた1回で教えて2週目には完成ということがいつもではありません。が、スケジュール的にそう言うこともあるということです。もちろん、コンペの練習などは1曲を何ヶ月もかけて練習することもあります。

どのような形であっても、家で練習せずに、クラスを練習の場とするのは望ましい姿ではないということです。1度習ったら、来週来るまでは何もしなくて良いということではない、というのが基本の考え方なんですね。回数というよりも家で復習することが大切ということを言いたかったのです。

レッスンは........

『レッスンは新しい曲を習う場所でもありますが、習った場合は「練習」の場所でなくて、「完成」の場所になります。だから、必然的に家で練習をするのがあたりまえということになります。』・・・・・

うちのハラウもそうです。 1曲の練習は 1回~2回位で、その次週には、完成・・・
いつも落ちこぼれです。先輩方は すぐに覚えられてうらやましいです。

もう少し ゆっくり教えていただいて 1曲を 丹念に踊りたいと思うのは私だけなのでしょうか?
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
359位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。