10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

● <ハワイの王族ーカラーカウア王>

 1月からハワイの歴史に登場する王族達について書いて
います。詳しく書くと、人の名前や戦地、土地などがたくさん
出てきて非常にわかりにくいので、ここだけを知っておきたい
というポイントだけを簡単にまとめます。

 あえて、人の名前など覚えにくいものはここに記述しません
ので、興味をお持ちになったら関連の伝記などをお読みになる
ことをおススメします。



  ∴‥∴‥∴‥∴

 1.デイヴィッド・ラアメア・カラーカウア

 陽気な王様、メリーモナークとして知られるカラーカウア王
のことになると、2時間近くはお話しできます。何と言っても
イオラニ宮殿を完成させた王様ですし、しばらくお休みして
いるとお呼びがかかってしまう方ですから!(笑)

 なので、カラーカウア王についてお知りになりたい方は、
ぜひぜひイオラニ宮殿にお越しいただきたいと思います。

 ここでは、ツアーでお話しするカラーカウア王ではなくて、
一般的な情報をお届けします。

 カラーカウア王が生まれたのは1836年11月16日。この日は
今でも宮殿で王様の誕生日をお祝いします。
覚えていらっしゃる方は、先のカメハメハ家の王達と同年代
であったことがわかるでしょう。

 父親はハワイ島コナの高位首長のカエサル・カルアイク・
カパアケア。母はやはり高位首長のアナレア・ケオホカー
ロレ。9人兄弟姉妹です。

 この兄弟姉妹のうちのカラーカウア王とリリウオカラニ、
一番下の妹のリケリケ、そして一番下の弟のレレイオホクの
4人を王位継承者「ナ・ラニ・エハー」(天の4人)と
呼びます。

 王家の子供たちが通う、首長の子供たちの学校で教育を
受けた彼は英語が堪能で、音楽の才能にもすぐれ、16才で
法律を勉強し始めたと言われます。

 王位に就く前は数々の重要なポストも経験しました。
日本で言う郵政省の長官、カメハメハ5世の執事、陸軍大佐、
弁護士、移民局長。発明家としても知られました。

 これだけの経験のある人でしたが、1872年の王族選挙では
ルナリロ王にその位を譲ります。

 この時はネイティブハワイアンのためにハワイ王国を立て
直そうとするカラーカウアに対し、リベラルでアメリカ人達に
も受けの良かったルナリロに軍配が上がったのです。

 しかし、そのルナリロ王は在位1年と25日でこの世を去り、
大衆はカメハメハ4世の未亡人エマ女王を好みましたが、
立法府はカラーカウア王を選びました。

 カラーカウア王が即位と同時に次期候補に指名したのは
一番若い弟のウィリアム・ピット・レレイオホクでした。

 カラーカウア王はハワイの島々を周り人気をあげ、
アメリカとの不公平貿易となっていた相互条約の改善に
取り組みました。

 カラーカウア王はアリイによる世襲政治を行っていこうと
しましたが、これが元で宣教師達からなる政党からの避難を
集めることになります。

 1881年、カラーカウア王は移民の状況を知るため、そして
外交政策のために世界一周の旅に出ます。王は各国の首長達
がどのような政治をしているかにも興味があったようです。

 アメリカ、サンフランシスコから日本、中国、シャム、
ビルマ、インド、エジプトからヨーロッパの国々、アメリカ
を回って見聞を広めたのでした。

 ハワイに帰国すると、イオラニ宮殿の建設に乗り出します。
しかし、莫大な金額のかかった宮殿の建設や借金に対し、
宣教師の子孫達は反感をましていきます。アメリカ合衆国と
の併合を望む声も大きくなりました。

 併合派は「ハワイアン・リーグ」と呼ばれ、銃器で武装を
していました。この彼らによってカラーカウア王は銃を突き
つけられ、「銃憲法」と呼ばれる新たな憲法に署名をさせ
られることになります。王の政治的権力は奪われ、土着
ハワイアンの選挙権も奪われていきました。

 1890年11月、容態のすぐれない王は医師の推奨でサンフラン
シスコに療養に向かいますが、病状は良好に向かわず翌年の
1月、パレスホテルにて腎臓病のため息を引き取られます。
54才でした。


 2.メリーモナーク

 カラーカウア王がメリーモナークとして知られるのは、彼の
人生の楽しい部分です。音楽の才能にすぐれ、踊りの好き
だった王は、宮殿で舞踏会を開きました。当時の新しい音楽を
作っていく一方で、キリスト教の導入以来、押さえつけられて
きたフラや古典芸能、武道などを復活させた王でもあります。

 王の作詞による『ハワイ・ポノイ』は王国国家、そして今
ではハワイ州の歌になっています。カラーカウア王によるフラ
の復活があるからこそ、私たちはフラを踊れています。
そして、王を讃えてメリーモナークの大会があるのは、
皆さんもご存知ですね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


<次号予告>

 カラーカウア王についてはまだまだ話すべきことがたくさん
あります。ぜひ皆さんもイオラニ宮殿にお越し下さい。

 次回はカラーカウア王の妹君、リリウオカラニ女王です。

 どうぞお楽しみに♪


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。
転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと押していただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

こちらも覗いてみてね!


ブログランキング
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : カラーカウア王

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
256位
アクセスランキングを見る>>