08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

● <ハワイの王族ーカメハメハ家の3人の女性ーII>

 1月からハワイの歴史に登場する王族達について書いて
います。詳しく書くと、人の名前や戦地、土地などがたくさん
出てきて非常にわかりにくいので、ここだけを知っておきたい
というポイントだけを簡単にまとめます。

 あえて、人の名前など覚えにくいものはここに記述しません
ので、興味をお持ちになったら関連の伝記などをお読みになる
ことをおススメします。



  ∴‥∴‥∴‥∴

 さて、先週の続きです。


 3.バーニス・パウアヒ・ビショップ

 カメハメハ5世が亡くなる前、王位継承を願ったのが、
カメハメハ5世の許嫁であったバーニス・パウアヒです。

 バーニス・パウアヒ・パーキーは1831年の生まれ。父親は
マウイ島を治めた長の息子、モロカイ島の貴族であり、母親は
カメハメハ1世の孫のプリンセス・ローラ・コーニアでした。

 バーニス・パウアヒはカメハメハ家の直系の子孫であり、
最後に残った世継ぎだったのです。

 彼女も王族学校に通い、乗馬や水泳、音楽や野外活動を
楽しんだと言われます。当時のニューヨークやロンドンの
ファッションを好み、ビクトリア調のドレスに身をつつみ
ました。

 彼女は19才のとき、許嫁のプリンス・ロットと結婚する
代わりに、ニューヨーク出身のビジネスマン、チャールズ・
リード・ビショップとの結婚を決意します。


 チャールズ・リード・ビショップ

 ここで、夫となったチャールズ・リードについて見て
みましょう。ニューヨーク州グレンズ・フォールズ生まれの
ビショップは、24才の時に友人のウィリアム・リトル・リー
と共にオレゴンからハワイへと可能性を求めて旅にでます。

 ビショップは容易に仕事を見つけ、ハワイ諸島の憲法の
サポートに署名し、ハワイ側にとっての関税の徴収を
まかされます。

 1850年には、バーニス・パウアヒと結婚。これをきっかけ
に、生涯に渡って貴族院のメンバーになります。彼は関税
徴収の長官になり、ハワイ王国の農業社会を組織し、銀行を
開設しました。この銀行が現在のファースト・ハワイアン・
バンクです。

 起業家であっただけでなく、彼はカメハメハ4世、5世、
ルナリロ王やカラーカウア王などにも仕えました。こうして
彼はハワイでも有数のリーダーとなって行ったのです。


 博愛家の夫婦

 イオラニ宮殿のツアーでもご案内するのですが、
キャプテン・クックがハワイに来た頃のハワイアンの人口は
35万から40万人が住んでいたと言われています。

 パウアヒが生まれた1831年、その人口は12万4千人に
減っていました。彼女は子供の頃から土着ハワイアンの人口の
減少を目の当たりにしてきたのです。彼女が遺書を書いた
1883年には、その人口は4万4千に激減していました。

 彼女はカメハメハの長の血筋として、この減少に心を痛めて
いたのです。

 ハワイアンに免疫がない流行病、そして、教育の欠如がこの
人口の減少を加速していると考えました。彼女はまた、
カメハメハの名前を持った機関を作りたいと願っていた様です。

 当時、既にエマ女王によるクィーンズ・ホスピタルの草案が
出来ていたので、目指すは学校ということになったのです。
ハワイアンのための男子校、そして女子校を。

 結果的に、彼女はハワイ王国全体の9%を占めたと言われる
彼女の土地を手放し、カメハメハスクールの敷地にしたのです。

 パウアヒは1884年、チャールズを含む5人をカメハメハ
スクールの理事として指名し、その後、乳がんのために、
この世を去りました。52才でした。

 彼女の遺志を引き継いだチャールズですが、もともと
パウアヒの資産は莫大な土地があったものの、資金不足で、
1887年男子校を設立するにあたって、チャールズは自ら資金
援助をして建設費をまかなったのです。

 彼は1915年に亡くなるまで引き続き彼女の遺志が生かされる
べく財団を導き続けました。

 彼はまた、1889年に彼女を讃え、その記念に、最初の校舎を
用いてバーニス・P・ビショップ博物館を建てたのです。

 彼女の寛大な心と遺産によって、これまでに何千人もの
ハワイアンが恩恵を受けて来たと言われています。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


<次号予告>

 さて次は、ハワイで初めて王族選挙によって選ばれた
6代目の王様ルナリロ王を見てみましょう。

 どうぞお楽しみに♪


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。
転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと押していただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

こちらも覗いてみてね!


ブログランキング
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
278位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。