10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

再び、ワークショップ考

師走なので、師でない私もやはり走っています。時々息切れするんですが、12月と言うのは、いつもこんなです。
ということで、ブログの更新が遅れがちですが、何とか頑張って書いていこうと「思い」だけはあります。ですが、どうも朝が早いので、一段落する夜10時には眠くなってしまうのです・・・。

言い訳はさておき、



も一つオマケに言い訳しちゃうと、お約束していたメルマガの草稿さえ出来ていません!あーあ。

さて、本題ですが、ご存知のように私は、このハワイでいろいろなクムフラのワークを通訳としてお手伝いさせていただく機会に恵まれています。今までは受ける側としてそれぞれのワークを見ていたのですが、少しは経験がモノをいっているのか、この頃違った見方が出来るようになりました。

ワークショップと一言で言っても、クムフラによってそのやり方は様々です。

「わくわく」のように1ヶ月以上ワークの期間がある場合、その期間を通して同じ曲を教えるクムもいれば、毎回違えるクムもいます。後者は私が以前お世話になっていたクムです。

レベルにしても、ものすごく簡単なものを教えるクムもいれば、ハーラウで教えているものを違えて教えるクムもいるし、そのままハーラウで教えたのと同じように教えるクムもいます。

受ける側からすると、毎回違えて、ハーラウで教えるものをそのまま教えてくれるクム=素晴らしいクム となりますが、ハーラウの中で代々教えて行くものを他には教えない、という観点から行けば、曲目を1曲しか用意しないクム=手を抜いている、とは言えないのです。

よくよく考えると、私がよくお手伝いさせていただいている「わくわく」のプログラムは受講者が無料で参加できるプログラムなのです。無料!ですよ!?2時間無料!1曲無料!

再びよくよく考えると、これってすごい出血大奉仕だと思うんです。ハワイのクムフラから個人レッスンを教えてもらう人は、最低$100から$400ぐらいのお金を出してワークを受けています。それが無料!

もちろん、クムにはお礼のお金が支払われますが、それにしても、ハーラウの、あるいはそのクムの独自の振り付けをタダで教えられているわけです。これって良いんだろうか?と思ってしまいます。

無料なので、参加される方も気軽です。クムの名前を知らない人もたくさん来ます。中級者以上と書いてあっても初心者のような人も来ます。参加者からは「もっと増やして欲しい」という要望が来ます。

なんかね、ありがたみが薄いような気になっちゃうんです。やっぱりワークにはお金払ってもらいたいなあ、って。

そんなわけで、この頃はたとえ、あるクムが同じ曲を繰り返していたとしても、それはそれで良いんじゃないかな、て思います。


にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと押していただけると嬉しいな♪

人気ブログランキングへ

こちらも覗いてみてね!


ブログランキング
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : ワークショップ。クムフラ

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
229位
アクセスランキングを見る>>