10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Mele ハワイの詩1

● <Mele ハワイの詩1>
 

 ハワイ語のメレ(詩)に見られる特徴を、2009年にオアフ島で
開かれたフラ・カンファレンスでカイナニ・カハウナエレさんが
説明してくれました。
その講義の中で教えてくれたことの要約を2週に続けてお送りします。

 メレフラ(パーティーやショーじゃないですよ!!)の理解に
役立つと思います。


  ∴‥∴‥∴‥∴


 1.メレってなに?

 カイナニさん曰く、ハワイ語での詩。一般的にハワイアンソングと
言われているものには幅広くあります。祈りがあり、物語があり、
チャント(オリ:詠唱)があり、歌があります。

 現代作られている歌もありますが古い歌もあります。

 ハワイは1820年まで文字がなかったのに、よく、こんなに
たくさんあると思いますよね。これは新聞に集められたからなのです。
古くから伝わるメレを集めてリストにしたそうです。

 その中には歴史的にとても重要なものもあれば、何の意味もない
ものまでいろいろな詩が見られます。

 そもそもメレには出来事を表すもの、誰かを讃えて作ったもの
(イノア:Inoa)、性的な詩(マイ:Ma'i)や、さらにすすめて性交
(ホオイポイポ:Ho'oipoipo)を表すものなどがあります。

 この種類を細かくCDの歌詞に収めているのが、クムフラ、コディ・
プエオ・パタ氏です。


 2.誰のために、誰が作った?

 昔の詩、カヒコを習うと、最後に"he inoa no ..."と言いますね。
昔は誰がその詩を書いたかは問題でなくて、誰のために作ったか、が
注目されたのですね。

 だから、ノ(no)と言われるのです。He inoa no Emalaniと
言ったら、エマ女王のため、です。


 皆さんはハワイ語の歌詞をご覧になったことがあるかどうか
わかりませんが、現在は誰が作ったかが表されます。例えば、
『レイ・ホオヘノ』はカイナニ・カハウナエレの作なので、
ノの代わりにナを使い、Na Kainani Kahaunaeleとなります。
英語で言うByです。


 3.ハワイアン・メレのツール

 ここからがちょっと面白いところです。ハワイの詩には、その
作り方に特徴があります。このポイントをおさえると、メレの理解が
グンと早まると思います。

 特に覚えなければならないような場面では非常に役立つでしょう。

 メレ(ボディ=全体)を理解するのに、その骨子(イヴィ:'iwi)
を理解するのです。

 今日はそのうちの3つをまず簡単にご紹介します。

 A.考え・思いが似ているものでつないでいく。

 『グリーン・ローズ・フラ』というジョン・K・アルメイダの作品が
あります。『キス・ミー・ラブ』の作者です。

 この『グリーン・ローズ・フラ』のそれぞれを見ていくと、1番では
香り高いバラの花を歌っています。

 この香り高い部分が2番に引き継がれます。そして2番から3番へは
一緒にいて楽しむ行為でその思いがバトンタッチされます。

 1番と2番は同じ思いでつないで、2番に加えた違う思いを今度は
3番へつないでいく、というやり方です。


 B.相対するものでつないでいく詩

 これは多くの祈りなどに使われます。
 「ルナ」に対して「ラロ」(上と下)、「ヒキナ」に対して
「コモハナ」(東に対して西)、「ウカ」に対して「カイ」(山と海)
などが良い例です。

 山や海に出かけていく時に守ってもらうためのオリがありますが、
保護を願うので、上から下から、そして海からも山からも守って
くださいと願います。

 "E ke akua o ka lani"の一節をとってみます。

 E ke Akua o ka Lani me ka Honua
I luna, i lalo, kou mana e
Ke huli aku la, ke huli mai la ...

 最初の行はラニ(天)に対してホヌア(地球)、次の行が、ルナ
(上から)とラロ(下から)、向こうに離れる意味を加えるアクに
対してこちらに来るマイ。と言った感じです。


 C.似た音でつないでいくもの

 これはよく出てくるので、皆さんの中にも気付かれている方も多い
のではないでしょうか。

 1番の最後の言葉に似た言葉が2番の出だしにくるのです。

 マリー・カヴェナ・プクイとマディ・ラムの名曲、『プア・アヒヒ』
で見てみましょう。

 1番の終わりは、ka'u alohaで終わります。「私の愛」ですね。
そして2番目の出だしは、He aloha、「一般的な愛」です。

 2番の終わりは、ka pu'uwai「心」、そして3番のHe waiwai
「価値のあるもの」に音でつながります。この際、意味でなく語呂を
合わせていることにご注意ください。

 意味でつながっていくのは、Aの例になります。


 今まで皆さんが習った曲の中にも、こういうパターンのものが
結構あるのではないでしょうか?見つけてみると詩にもっと興味が
湧いてきますね。

 来週はこの続きをお届けします。

  
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


<次号予告>

 ハワイ語のメレの特徴を来週も続けてお送りします。

 どうぞ、お楽しみに♪


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと押していただけると嬉しいな♪

人気ブログランキングへ

こちらも覗いてみてね!


ブログランキング
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : メレ、ハワイ、ハワイアン

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
229位
アクセスランキングを見る>>