06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラ女の嫉妬

私のところにはいろんな検索をして飛んで来て下さる人がいますが、その検索のキーワードを見るのも、私の楽しみです。で、この5日間の間に、まあおもしろい言葉がたくさん!タイトルがその最高級でしょうか?

あ、もちろん、誰が検索しているか、なんてわかりませんのでご心配なく。というか、調べればわかるんでしょうけど、そんな暇は私にございませんし、興味がありません。

と、ここまで書いてもう10時を過ぎたのに気が付きました。明日はモーフラ、ここのところ風邪気味で体調がすぐれないので、この続き、明日ゆっくりと書きます!

*****

さて、日にちが変わりまして水曜日の午後です。今日はあちこち回って午後は家で仕事の日なので、その前にパワーがあるうちにじっくりと!

件の検索キーワードですが、ハンドモーションとか、メレ・カヘアとか、フラに関する言葉ももちろんたくさんあるのですが、それに混じって1〜2日に1件は必ずフラに対するネガティブ・モードの言葉が入っています。
ハラウ辞める
フラ生徒やめる
フラダンス女の嫉妬
フラ衣装処分
フラダンスしている人は好きですか
フラ立ち位置

よくあるのが、
フラのことがわかる、フラノート、つけまつげ、パウスカートの下、化粧、レイ、編み方、etc, etc.

これが10月に入ってから5日間の間に見られたキーワードのうちのいくつかです。

私のフラブログは、日本でフラをされている方に現地の情報をお届けすると同時に、「本当のフラとは?」と悩んでいらっしゃる方に少しでもヒントになるものが差し上げられればと思って書いていますので、検索で飛んで来た方が、あ、そっか、と少しでも胸を撫で下ろしていただければ、半分目的達成なのです。あとは、私のデザインのTシャツ買ってね♪です。(笑)

そこで、本題!

「フラダンス女の嫉妬」

これは、おおおおおっ、と思うと同時に、多分悩んでいらっしゃるんだろうお姿が見えました。(いえ、私はそういうものではないですが。)

はっきり言って、女性集団となると、それもダンスのように技術や容姿を競うようなものであれば、必ずと言っていいくらい女性同士の嫉妬はあると思います。特に、日本の場合は、ホーイケやショー、コンペが最終目的になっているようなので、「フラはハワイアンの心臓の鼓動」と言った感覚はないでしょう。

私も今までカリフォルニアからハワイに移り、そしてカヒコを中心とするハーラウに移っていますし、周りのクムフラやハーラウを見ているので、その違いがよくわかります。

人間ですから、目立ちたいとか人より上に出たいとか、そういう欲望はあるでしょう。でも、それをコントロールするのがクム、そして、ハーラウの中で出さないのが、その人の成熟度なのだと思います。残念ながら日本人にはこの辺りが露骨になってしまう人が多いようです。

他人に嫉妬をするというのは、自分に自信が持てないからだと私は考えてます。嫉妬をする間に、自分を磨けば良いのです。その努力をせずに、人をけなしたり、自慢をしたりして、自分の心に不足している部分を補っているんですね。

立ち位置はクムの考えで行われます。上手な人だけを全員前にもってくるだけではありません。ラインアップによって両端が軸になることもあります。下手な人は目立たないところに隠したい、というものもあります。でも、どこに居ても上手な人は目立ちます。背が高くて後ろにいてもです。その人がどれだけのスキルを習得していて、どれだけフラの様々な要素とつながっているか、それだけで見る人には違いがわかるのです。だから、振りだけを学んで発表会に望んでいると、1回見ればもう良いわ、で済んでしまうのです。

そして、おもしろいことに、この立ち位置で争う(心の中で)人のハーラウでは、指導者もそういう考えでいることがあります。


「ハラウを辞める」

日本のフラスクールがどこまで「ハーラウ」としての活動をしているかはわかりませんが、ハワイのハーラウのようにフラを中心とする家族と言った感覚までもっているところは少ないのではないでしょうか。飲み会でまとまれば良いと言うものでもないです。そういう意味ではハラウというより、フラスクール、スタジオのような、出入りももう少し自由な感じがします。「ハーラウ」を辞めるというのは、どこかに「違い」を感じている場合です。そして、ハーラウの中での活動をあまりしていないような、幽霊部員的な人は、辞めてもあまり何とも思われないのですが、中心的に活動していると、おとがめがあったり、陰で文句を言われたり、裏切り者のように思われたりするわけです。

どちらにしてもハッピーな結末が見えないようなら、それを続けるのは拷問を自分に与えているようなもんです。

どのハーラウに居ても、もちろん、そこの技術を習得して知識を得てと言う段階では我慢が必要です。が、いじめがあったり、先生が悪口を言っていたり、そういうところでは本当のフラは伝え難いです。逆にできるようになったときに「私が一番」といった態度の大きい人になってしまうのが山々です。

一度入ってみたけど、あわなかった。それなら、自分が求めるものに近いところを探せば良いのです。その方がよりハッピーにフラに専念できます。

「フラの衣装」

自分でお金を出したものは基本的にお金を出した人のものです。ハーラウが出してくれたら返すのが当たり前。自分のものはどうしようと他人の知ったことではありません。自分で出したものでも返せと言うハーラウもあるようですので、クムフラ次第ですね。

たとえ自分でお金を払ったとしても、ハーラウや所属団体を辞めると使い道がなくなるものです。私は結構新しいTシャツやドレスは残っている人や日本の方に譲りました。もっていてもタンスの肥やしですから。どう使われているかはわかりませんが、どちらにしても使えないものは無用の長物ですね。いずれ、何かのパーティに着ていけるでしょう?と言われても、辞めてから1年以上、着たものは皆無です。逆に作り直したカーテンだとかフラバッグだとかは毎日使っています。そうそう、あの左右ぴったり!と褒められたショーツも♪

ということで、たかがフラ、されどフラ、どんなレベルにあっても自分で習おう!と決めたものは楽しく勉強したいですよね。フラは深いです。学ぶことがたくさんあります。2〜3年やったから人に教えられる、と言うものではないです。勉強の連続です。

ということで、私は現在のハーラウにとても満足しているので、上手な人がたくさんいようが、立ち位置が後ろでも(逆に前に出されるとビビります!)、フラを習えるだけで楽しいです♪ そして、他の(ハーラウの)人がどんな踊りをしようとまったく気にならなくなります。腕を組んで、眉間にしわを寄せてフラを干渉する、そんなことをしていたら、きっとうちの大クムに怒鳴られます。

「あなたはクムなの!?」って。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!
関連記事

theme : つぶやき
genre : モブログ

tag : フラの衣装、嫉妬、立ち位置、パウスカート、フラノー

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
253位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。