08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンペティション

● 今週のトピック <コンペティション>

 
 自分たちがどれくらいの腕前に成長しているかを見る良い機会が競技会
コンペティションです。最近は日本でもたくさんのコンペが開かれている
みたいですね。

 コンペティションが増えたおかげで、日本のフラダンサーはハワイに来る
必要がなくなった、なんて話も聞きますが、コンペがフラの究極の目的では
ないと思うので、ぜひ、ハワイにも足を運んでいただいて、本場のフラを
楽しんでいただきたいと思います。


  ∴‥∴‥∴‥∴


 1.コンペティションの種類


 代表的なものは、キング・カメハメハ・フラ・コンペティション(以下
キンカメ)やメリーモナーク(同メリモ)ですね。

 7月にはケイキ・フラと呼ばれる「クィーン・リリウオカラニ・ケイキ
フラ・コンペティション」があります。

 カウアイ島ではモキハナ・フェスティバル、マウイ島ではクー・マイ・
カ・フラ、オアフ島ではフラ・オニエやワールド・インビテーショナル・
フラ・フェスティバル、ハワイ島ではモクオケアヴェ・フラ・コンペティ
ションといったようにハワイ各地でも、それぞれのカラーを出したコンペ
が開かれます。

 メインランド(アメリカ本土)に行けば、イア・オエ・エ・カラーや
エ・フラ・マウなどがあります。


 コンペによって、日本からの参加者がまったくないものから、まるで
日本のコンペのように日本人だらけのコンペまで様々です。

 例えばキンカメなどは、ハワイのハーラウと名乗っていても、出場者が
ほとんど全員日本人なんて場面もありました。去年の暮れから始まった
HISさん主催のコンペは日本の人のためのもののようですね。

 そういえば、私が過去に参加したホオラウナ・アロハは日本のハーラウ
のためのコンペでした。


 2.出場資格


 コンペにはそれぞれ規定がありますので、それに従う必要があります。
その中で一番良く質問にあがるのが、メリモの日本人参加者ですね。

 メリーモナークの実行委員会が出している規則を見ていただくと一番
確かですが、去年のハーラウ内でのミーティングで聞いたところでは
出場ハーラウの参加者の70%以上がアメリカ国籍であることが
要求されます。

 ですから、20人出場の場合は14人以上がアメリカ国籍であれば
いいのです。ということはハーラウ内に5人日本人がいたら、その人達
は(実力があれば)全員行けるのです。

 また、海外からの出場者は2名までです。ですから、先の例ですと
日本人1人の枠が出来ますね。


 3.コンペに参加する


 実際のパフォーマンスの場面では、前回お伝えした「ステージに立つ」
とほとんど同じことが当てはまると思います。

 その他に、ハワイでコンペに参加するとなると、おなじみなのが
ファンドレーザーです。コンペに参加するための参加費から、ドレス
旅費、宿泊費、食費、ミュージシャンの代金、クムの旅費などをまかなう
ための資金集めです。

 ハーラウによっては年中このファンドレーザーをしているところがあって
何のためのフラか分からない、なんてボヤキも聞こえます。


 そして、このファンドレーザーの間にリハーサル、リハーサル。

 また、大会が近づいてくると、ハーラウの中ではカプーが敷かれます。
カプーとはタブー、禁忌を意味します。

 カプーはそれぞれのハーラウによって違いがあるとは思いますが

 a. 豚肉、バナナ、赤身の魚を食べてはいけない。

 b. セックス、タバコを禁じる。

 c. 人の悪口や陰口を言わない。

 といったようなものです。期間にも違いはあるとは思いますが
およそ一ヶ月です。ですから、新婚さんは大変!(笑)

 食べ物が入っているのは、つい最近まで私も不確かだったのですが
ハワイ語の先生の説明ではっきりとしました。バナナ、豚肉、魚は
それぞれハワイの神様の化身だからです。

 1ヶ月というのは結構キツいものです。食べ物が制限されている上に
文句を言えない。出来るようでなかなか難しいことですよね。

 コンペが続くハーラウは、年中、このファンドレーザーとカプーが
繰り返し続くわけです。


 4.観戦する


 演技が終わった方も、大会に参加していない方も、観戦する時には
やはりスポーツマンシップに則って観たいものです。

 演技の批評やうわさ話などはもってのほかですね。いろいろと耳に
しますし、うっかりと口をついて出てしまうこともあります。要注意!

 良い演技や素敵な衣装など参考にできるところはパンフレットに書いて
置くと、あとで勉強になります。特にフラ歴が短いと、曲の名前も
分からなければ、誰のための歌なのかも分かりません。

 そういう情報はあとから読むとしても、どうしてそういう衣装になった
のか、どんなところが歌にあっていたか、などを書き留めておくことは
良い勉強になります。


 演技が始まると、席の移動や会場の出入りは止められます。席によって
食べ物を持ち込めないところもありますので、席に着く前に確かめて
おきましょう。


 日本のハーラウだけのコンペなどでは、「○○せんせ〜!!!」という
女子高生のようなかけ声が、日本人以外の人種には奇妙に聞こえます。

 こちらに住んでいるものとしては、何とも日本丸だしに見えるので
恥ずかしい思いなのですが、みんながやるからやらざるを得ないので
しょうね。みんなが一斉に大人になってくれたら良いのに・・・とは
私の大きな独り言でした。(笑)


 表彰式になると、人より先に会場や駐車場を出たい人々が移動を始め
ますが、大会はまだ終わっていないので、出来れば式の途中での退場
などは避けたいですね。


  ∴‥∴‥∴‥∴

 
 いかがですか?コンペティションは単なるフラの大会ではありません。
精神修行の場とも言えるくらい、いろいろな準備を要求されます。

 そして、勝つためには、技術だけでなくてグループが一丸となる
これがものすごく大切なんですね。群舞ですからね。

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



<次号予告>

 来週はちょっとなるほど!のハワイ語のルールをお伝えします。

 お楽しみに♪

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : コンペティション、フラ

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
393位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。