09
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ワークショップ

● <ワークショップ>

 
 ある程度フラに慣れてきて、ホーイケ(Ho'ike:ホーはカハコ)なども
経験して、となってくると、次は「ハワイの先生に習いたい!」という
心境ではないでしょうか?

 そのためかどうかは分かりませんが、日本の先生方もハワイのクムフラを
招いてワークショップをされていますよね。

 私は、日本でフラを習ったことがないので、日本でのワークショップが
どんな感じなのかは分かりかねますが、クムフラをハワイから呼んで来て
ワークショップを成功させる、裏方の場面は存じています。

 日本の常識とアメリカ・ハワイの人の考えが違っていたりするので
この間に入って多くのことを学ばせてもらいました。この部分をビジネスに
していく人もいるのは頷けることです。それくらい密に連絡を取らないと
なりません。

 
 さて、このメルマガを読んでいる皆さんは、そんな裏舞台のことは関係なく
ワークショップを楽しまれるのが先決ですね。

 裏舞台の話をしたのは、なぜ、ワークショップが高いかということの理解を
助けるためです。

 クムフラを呼ぶということは、彼らの飛行機代、食費を含む滞在費
レッスン代、場合によっては振り付けをしてもらう費用、あるいはお土産
なんかも含まれるでしょう。こういったものの他に

 開催者側のコスト、利益、誰か中間業者がいれば、その人への手数料及び
謝礼などが含まれるのです。

 私もクムやイベントを紹介・仲介したりする場合は、ほとんど現地のクムの
ために働くのでお金をもらうことはありませんが(時間はかなり費やします!
でも、その分感謝されるので、そちらの方が有益かもしれません)現場で
通訳をする時はしっかりその仕事の料金をいただきます。

 ですから、通訳がついてくれば通訳の費用も必要なわけですね!

 そして、ここにダンサーやミュージシャンを加えれば、その人たちの
滞在費用も含まれます。


 これらすべてをひっくるめてのワークショップになるので、主催者側も
クムフラも、受講者も、頭の中でそれぞれの計算が働くのではないでしょうか?


 受ける方としては、高いお金を払うのですから、十分に実のあるものに
したいですよね!


  ∴‥∴‥∴‥∴


 ワークショップを取ったことがある方は、もうご存知だと思いますが
ワークで習った曲、オリ、レッスンなどはすぐに復習しなければ、単なる
泡と化します。

 ワイキキでやっている観光客向けのフラとか、JALウィークのフラなどの
ように、無料のレッスンだとなおさらです。お金がかかっていませんから!

 まあ、JALフラの場合は、著名なクムフラということもあり、みんな必死で
ノートを取りますが、それでも初心者の方などは、もう来ただけでいい!
という方もいらっしゃいます。


 1.フラ・ワークショップの典型的な流れ

 最初に流れを知っておきましょう!いろいろなクムフラのワークを
取ったり、ヘルプしたりしましたが、人によって違いがあるものの
大体こんな感じです。


 *始まりのオリ・クムフラの自己紹介
 無料レッスンなどの場合はクムフラの名前も分からない方もいらっしゃい
 ます。最初の休憩の時に、アシスタントの人などに、クムフラの名前を
 しっかり聞いておきましょう。分からないことが一つでもあると
 それだけ皆さんの脳が他のことで忙しくなります。

 また、この時にきちんと聞いておけば、あとで知って「ああ、あの人が」
 なんて思いをしなくても済むでしょう。


 *ワークショップで習う曲の紹介
 ここで、フラを習うのであれば、しっかりとどんな背景かを把握する
 必要があります。タイトル、作者、作られた状況、カオナなど。

 大抵は通訳が説明しますが、この時フラの分かる通訳を選んでいないと
 チンプンカンプンになります。通訳は英語・日本語・ハワイ語の知識
 文化に精通しているのが一番です。


 *ウォームアップのステップ
 やらない先生もいます。ステップを見ることで、大体どのレベルか
 測るようです。また、フラの年数、または、教えているかどうかと
 質問されることがあります。


 *1番の歌詞
 ハワイ語・英語と日本語で案内されます。順番はクムフラにより
 前後しますが、続いてハンドモーション、ステップと説明が入ります。

 この時に、クムフラが「見て」と言っている時は注目しましょう!
 何回か練習して、


 *ノートを取る
 要領よくノートをまとめましょう。分からない時は生徒同士ではなく
 先生に確かめておきます。


 *詩の最後まで行ったら、通しで踊って終了。


 2.ワークショップでの禁止事項、注意したいこと


 *言うまでもないことですが、特別な場合を除いて(大体主催者側の
 メディアだけでしょう)ビデオや写真撮影はしないのが暗黙の了解です。


 *音声だけの録音が許されることがありますが、それでも許可を
 取ってからにしましょう。クムフラによっては録音でさえ嫌がる人も
 います。


 *パウスカート、飲み水、ノートは必需品。その他、「パウスカートの
 常識」で書きましたが、ワークのスタジオでも着替えが出来るように
 パウスカートの下にはショートパンツのようなものを履いていた方が
 便利です。


 *クムフラが「列をスイッチしましょう」と言うまで、生徒の方から
 催促しない。

 これは意外に思われる人もいるかもしれませんが、ハワイの常識では
 生徒から先生に指図をする、というのは、もってのほか!なんです。

 ワークをお手伝いしていると、時々この場面に出くわして面食らう
 ことがあります。それも、日本の方のダイレクトな言い方なので
 なおさら命令されているように感じるのです。多分、皆さんの教室では
 それが常識となっているのかもしれませんが、「郷に入っては、郷に
 従え」、前に行きたくても我慢しましょう♪


 *列は交互に並ぶ
 
 意外と実行されないのですが、前の人と前の人の間に立つようにします。


 *スタイルはなるべく真似たい

 初級者にはちょっと難しいことですが、教えてくれる先生のスタイルは
 なるべく真似たいですね。アイハアの先生ならアイハアで踊ると綺麗に
 見える振り付けをされています。ヘラがつま先でポイントするような
 踊りであれば、それはその方が綺麗なのです。

 これがワークショップで出来るようだと上級者ですね!


 3.ワークショップを受けた後で


 *習った曲をステージで踊りたい、生徒に教えたい、コンペに使いたい
 いろいろな目的があると思いますが、そう言う目的がある場合は
 その場でクムフラに確認しておくことをおススメします。

 極端な場合、踊ってもらっては困ると言う人もいます。私は彼女の
 ワークを受けたわけではないのですが、たまたま考えを聞く機会が
 ありました。人それぞれですので、注意しましょう!


 *ほかの人に教えない
 
 フラはシェアするものですが、教えるというのはクム→生徒という
 公式が崩れることはありません。教えてもらった「責任」みたいな
 ものが付いて回るんですね。

 ブログにも書きましたが、「教える」という行為は英語のTeachです。
 助け合う、と言う意味にはなりません。ですから、一緒に習って
 分かっているところを分からない人の質問に答える、とか一緒に
 復習すると言う意味ではありません。

 まったく習っていない人に「教える」のは、「先生」または「クム」
 の称号を持っている人が出来る行為なんですね。


 *その日のうちに復習!

 これ、実は大きなポイントです。その日習ったことは、その日のうちに
 振りを覚えてしまわないと、あるいはノートを完璧にしておかないと
 すぐ忘れます。
 特にほかのハーラウのクムだったりすると、これは途端です!
 
 そうして、300ドルも400ドルも払って受けたワークショップが日の目を
 見ることなくお蔵入り・・・。

 まあ、何か得るものはありますが、私が過去に受けたワーク、お手伝い
 したワークはほとんどこれです!自分の経験からお伝えしました!(笑)


  ∴‥∴‥∴‥∴

 
 いかがでしょうか。皆さんの習っている先生のハワイのクムフラが
教えるワークショップなら、多分踊る機会もたくさん出てくるでしょう
けれど、違う先生となると、ほとんどと言っていい程踊る機会がありません。

 私はパレスでドーセントをしている関係、イベントなどで踊る機会を
随分与えてもらえていますが、去年ハーラウをやめたことで、やっぱり
ほかの先生の踊りにしよう、と言う時にやっと役に立ったのが2曲!
覚えていて良かった〜!という感じです。


 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


<次号予告>

 ワークショップを経験したら、次はいよいよステージですね!
ということで、ショーで踊る時の注意事項をあげてみます。

 みんなで楽しくカニカピラ!の時とは違います。プロとしてのステージ
を考察してみたいと思います。

 お楽しみに♪

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : ワークショップ、クムフラ

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
267位
アクセスランキングを見る>>