06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラノートの功罪

● <フラノートの功罪>

 
 日本の皆さんは、フラブックをお持ちですか?
何かというと、今まで習った曲やオリをファイルしたバインダーです。

 ハーラウや先生によってその様式、ファイルの仕方は違うと思います。

 でも、今まで受けたどんなワークショップでも、同じようにクムから
プリントをもらいますから、ハワイのどこのハーラウでもフラブックを作って
いるものと思われます。

 それが私たちのフラのヒストリー(歴史)になるんですね。

 長ければ長い程、バインダーはふくれていきます。
私の場合はハーラウの経験が3つ、そして自分のリサーチ用のものもあるので
今のところ5冊あります。

 クムフラによっては、辞めたら本来ならそのノートも返す、という人が
いました。でも、このご時世、ノートを返したところで、その前にスキャン
していたら意味がありませんよね。だから、そこまでうるさく追究するクムフラ
には出会ったことがありません。


 こう書くと、明日にはフラブックなるものが日本には登場してたりして???


 何もフラノートを買う必要はないんです。

と言ってしまうとアンチ・フラ産業みたいですが、プリントをもらうのに
なぜ別なノートが必要なのか疑問です。

 形から入りたいと言うのはよくわかるんですけどね。
ホヌやプルメリアが付いたノートって可愛いですもんね。

 でも、フラノートに歌詞は付いていません!

 もし、フラノートを活用したいなら歌詞を書き込んでみてはいかがでしょうか?
そういうノートもありそうですね。

 そこまですると、フラのステップアップに貢献すると思います。
で、書くのに、日本語のアロハ〜モキハナ〜♪じゃあ、イケてませんよ。
ハワイ語で書きましょう。ハワイ語の詩ですから!


  ∴‥∴‥∴‥∴


 では、ノートはどう取るのでしょう?

 これはプリントの歌詞の間、あるいは歌詞の横にステップと
ハンドモーションを書き込んでいくのです。

 クムフラのプリントの書き方によって、その隙間がない場合もあります。
私の現在所属するハーラウはこれです。そのかわり、歌詞と英訳が素早く
メールで送られてきます。

 日本のフラノートのように、1、2、3、4と拍数が入っていません。
あくまでも歌詞です。


 皆さんはお気付きにならないと思いますが、この拍数でフラノートを
取っていくからこそ、日本独特のぶつ切りの踊りが出来上がるのです。

 1、2がアロハで、3、4で花。という感じに。

 
 フラをカウント通りに踊っていくと、一つ一つのモーションが分離されて
しまうので、極端な場合はお遊戯になってしまうわけです。

 フラを流れるように踊っていくには、モーションとモーションの間に
切れがあっては優雅に見えません。アロハから花、その意味するところは
その花が大好き、という一つの動作なのですから。

 1、2のアロハと3、4の花が分かれてはいません。


  ∴‥∴‥∴‥∴


 そこでおススメするのがハワイ語を活用しての書き方です。

 日本人は絵を描いてノートを取っていきますよね。

 これって、以外と時間がかかりませんか?
今教わったモーションを思い浮かべて、それを絵に書き表していくんです。

 この絵の書き方でつまずいてしまう人が多いのではないかと思います。
頭はどう描く?手が前に来たらどう描く?って。

 一方の詩は文章です。詩を読むと言う行為は文字を理解していくことです。
この詩を理解しながら、モーションの絵を描く、これは私にとって
とても時間のかかる事でした。


 そこで始めたのが、ステップをまずハワイ語で歌詞の下に書いてしまう。
こんな感じです。

 kaholo R, L, Ka'o x2, lele 'uwehe R + L, lele x2

 これですでに12カウントカバーしてます。
上のものはあくまでも例ですよ。カハコは忘れずに!

 カーホロからカオに入る場合、左カーホロであれば、必然的にカオが
右、左、ときます。ですから、ここで敢えて右、左と入れなくても言い訳です。
特別に右、右と行く場合はもちろん注意書きが必要ですが。


 そして上半身、つまりハンドモーションの方は言葉で書いたり
絵で描いたりして付け加えていくのです。

 ハーラウによってほとんど動きは決まってくると思うので
例えば、花をつくるのだったらpua R to L(花、右から左の意味)
 ここに肩の高さから斜め上方とか言う情報を加えていきます。


 ハワイ語を使って書くと言うのは、慣れなければ、そして知らなければ
難しいのは当然ですね。でも、慣れてしまうと、スピードが速くなります。


 文章で書くロコ達よりも、私は結構素早くノート記述を終えていたもんです。
文章にしないで言葉を記号化しているので早いんですね。


 でも、これはあくまでも私のやり方なので、皆さんにはフラノートの方が
早いかもしれません。

 プリントや歌詞と、モーションのノートを別々にしないことが
大切だと思います。

 そのうち慣れてくると、ハワイ語の理解まで深まってくるので
一石二鳥です。お試しあれ!


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このメルマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。転載は【事前に】ご連絡ください。


にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : ステップアップ・フラ、フラノート、フラブック

Re: ハンドモーションのズレ

ハンドモーションがズレてる・・・でも、ハワイが本場ですが。(笑)

足はカウントしていても手はカウントじゃないですからねえ。じっくりと溜め込むのが好きなクムフラもいれば、カウントに遅れをとらずに持っていかなければならない時もあります。そういうところを見ていただくといいですよね。

ハンドモーションのズレ

メリーモナークの会場で日本の方がロコのフラ(ご自分達も習ったであろうアウアナ)をみて、「ほら、動きがずれてる。私達のと違う」と言うような会話を聞きました。私はそれはきっとフラを1.2.3.4で覚えておられるからではないかと勝手に予想してました。私にはロコのフラのハンドモーションがずれてるようには見えなかったからです。
フラレッスンにいらっしゃる方もカウントで質問されることがありますが、逆に質問されて、改めてカウントすると私もクムもわからなくなってしまうことがあります;汗 カウントの1.2の間ってことも沢山あるからです。
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
253位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。