08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入室の際のメレ・カヘア

● 今週のトピック <入室の際のメレ・カヘア>

 
 ハーラウに入っている方なら、教室に入る前
あるいはレッスンに入る前にオリをするのをご存知ですよね。
それがメレ・カヘア。

 その代表的なものは「クニヒ・カ・マウナ」のチャントですね。

 今日のトピックは、有料版のメルマガのサンプル号で詳しく説明しています。
サンプル版は無料ですので、そちらを覗いてみてくださいね。

 有料版の方では、歌の意味だけでなく、作者や背景
その歌の特徴やカオナ(隠れた意味)、そしてオリや踊りのポイント
などを詳しく説明していく予定です!

 もちろん、ハワイ語の読み方もカタカナ読みでなくて
もう少し、ハワイ語っぽく!

 私が一番力を入れているプロジェクトの一つです!
フラとハワイ文化を極めたい方はどうぞご利用ください!


 さて、宣伝はこのくらいにして、メレ・カヘアです。
ご存じない方のために、まず、ハワイ語で。
以前にもご説明しましたように、メルマガではハワイ語の
カハコが使えませんので、ご了承ください。


Mele Kahea
Kunihi ka mauna i ka la'i e,

O Wai-ale-ale la i Wai-lua,

Huki a'e la i ka lani

Ka papa au-wai o ka Wai-kini;

Alai ia a'e la e Nou-nou,

Nalo ka Ipu-ha'a,

Ka laula mauka o Kapa'a, e!

Mai pa'a i ka leo!

He ole ka hea mai, e!

(注) この表記は、Nathaniel B. Emersonの"Unwritten Literature of Hawai'i"からとったものですので、通常皆さんが目にしているものと少し違います。例えばワイアレアレ。ここではオキナを使わず、Wai-ale-aleとなっています。ご注意ください。

 日本語読みは、こんな感じです。

クーニヒ カ マウナ イ カ ライ エー

オー ワイアレアレ ラー イ ワイルア

フキ アエ ラ イ カ ラニ

カ パパ アウワイ オ カ ワイキニ

アーライア ッエ ラ エ ノウノウ

ナロ カ イプハア

カ ラウラー マウカ オ カパア エー

マイ パア イ カ レオ

ヘ オレ カーヘア マイ エー 


 このチャントはペレの一番下の妹のヒイアカイカポリオペレ
(Hi'iaka-i-ka-poli-o-Pele)が詠ったものと言われています。

 そして多くのガイドブックやフラの本などによれば
その場所はワイルア滝のそば、と解説されています。

 それは、その一説のもとが上に記したNathaniel B. Emerson(エマーソン)の
"Unwritten Literature of Hawai'i"に書かれているからです。


 その内容を簡単に説明するとこんな感じです。

 「ヒイアカはペレの恋人ロヒアウを探して
美しいホーポエと旅しています。

そして、カウアイ島のワイルア川の淵への
険しく狭い道に到着しました。
そこには、一枚の板がかかっていました。

 ところが、ヒイアカが到着したときにはその橋は
カヒキ(タヒチ)から来たと言われていた
川と同じ名前を持った意地悪な水の精ワイルアによって
外されていたのです。

 ヒイアカは橋を戻すように叫びました。
しかしワイルアはヒイアカが不思議な力を持っていることを知らずに
返事をしませんでした。

 そこでヒイアカは彼女の持っている魔力を使って
ワイルアの魔力を取り払い
ワイルアのもとの姿、大トカゲに変えてしまいます。

 ワイルアは川底の洞穴に隠れてしまいますが
ヒイアカは渡るコンディションを良くするために
さらに踏み石を並べました。

 今でもその飛び石は存在すると言われています。」(淳子ケアロハ訳)


 「クニヒ・・・」はその時のヒイアカのチャント、というわけです。

 ところが、これとは別の説もあるのです。
それも、同じ作者が書いている本にです。

 私は幸運にも、フラシスターや前のクムと一緒に
2009年、そのもう一つの場所を訪れる機会に恵まれました。

 それ以来、このチャントのインパクトはとても強烈です!
そして、今年2011年、再びその地を訪れる事ができました。


 では、各行の意味を見てみましょう。
ハワイ語の意味に出来るだけ近くなるようにしてありますので
日本語としては多少おかしな文体になっていることをご了承ください。


Kunihi ka mauna i ka la'i e, 険しい山が 静けさの中にある

O Wai-ale-ale la i Wai-lua, ワイアレアレが ワイルアから見える

Huki a'e la i ka lani 天に引かれるように

Ka papa au-wai o ka Wai-kini; カヴァイキニ(山)の川にかかる板

Alai ia a'e la e Nou-nou, その光景はノウノウの丘に遮られている

Nalo ka Ipu-ha'a, イプハアの丘は隠れている

Ka laula mauka o Kapa'a, e! カパアの上部に広がる広大な平野も

Mai pa'a i ka leo! 黙っていないで

He ole ka hea mai, e! (でも)何の返事も聞こえない

(淳子ケアロハ訳)


 入室の際に、このオリをするときには

 その日起こったこととか、気になっていること

 仕事でムシャクシャしたこと

 誰かと喧嘩したこと

 子供が言うことをきかないこと

 夫や彼と喧嘩したこと

 悩みや心配、怒り、悲しみ

そういう自分の生活の問題のすべてを頭から取り除いて

「これからフラを踊ります、新しい知識を入れる
心の準備ができています」という姿勢で臨みます。

フラを踊るときには、フラに精神を傾ける、ということなのでしょうね。

 私たちの生活にはいろんなことが起こりますので
考えるな、と言われても難しいかもしれません。

 でも、フラを踊るときには「フラに集中するんだ!」という気持ちでいると
いやなことも忘れられます。

 心の準備ができてオリをすると返してくれるのが、先生の「メレ・コモ」。

 どんな状況でオリをしているか、たくさんの生徒を見てきている先生には
その心が読まれてしまうみたいです。

 フラを踊るときには、心の中のネガティビティを空っぽにして
一心にして楽しみたいですね。

 皆さんはどうですか?


 次回は、パウスカートの常識に付いてです。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪
関連記事

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : クニヒ・チャント、入室のオリ、メレ・カヘア

Re: フラを踊る時は

そうですね。以前は「結構難しいかもしれませんね」と思ったのですが、この頃ではいろんなプロジェクトが来るので、頭の中はフラだらけです!(笑)
そのかわり日常もフラになっている・・・(汗)

フラを踊る時は

フラを踊る時はフラだけに集中する。
ハラウに入る前に、自分の日常は一旦ハラウの外においておき、まっさらな気持ちでフラに向き合う。
クムフラにそのことを約束するのですよね。
フラを学ぶ準備が出来ました、お願いします・・・・と。
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
282位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。