07
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ハーラウで悩んでいらっしゃる方へ

もう何回も書いているので、私のブログを読んでくださっている方なら、「ああ、知ってるよ」と思われるでしょうが、毎日のようにハーラウが合わないとか、嫌だとか、いじめだとか、そんな検索をして来られる方があとを経たないのは心が痛みます。

私も、「フラとは」なんて語れる立場にはないのですが、それでもハワイでハワイアンの人々に混じって勉強させてもらっていると、日々いろんな人のフラに出会う機会があり、いろんな人の接し方があり、考えさせられるものです。

考えてみると、フラは宗教的な意味が強くハワイアンにとって神聖なものであると思うのです。それを世界中の人がまるでファッションのように踊っているのですから、それは不思議な現象です。よく例えて考えるのが、日本のお家芸である能とか歌舞伎とか、あるいは雅楽のような文化を世界中で、特に外国のある一つの国が熱狂的に学んでいる、日本のフラってそんなふうにも取れるのではないかな、と私も迷うわけです。

私がフラを始めた時は、その神聖な踊りを踊っている人たちを見て習いたいと思ったのが始まりなので、これほど日本で流行っていると知っていたら、躊躇していたかもしれないです。

そういう流れがあるので、今のハーラウは要求されることがたくさんあって、すごくしんどいなあ、と思うこともあるのですが、自分が求めてきたところに自然と連れて来られたのだという感じがあります。ましてや、このハワイにおいても入りたくても入れない人たちがたくさんいる、と聞いては、時に「日本人の私がいていいんだろうか?」と迷うこともあるのですが、受け入れてくださったクムフラやシスター達に対して失礼にならないよう頑張って行くしかないわけです。

ハワイの中でもほんとうにいろんなハーラウがあります。教えもこれが絶対と言うのがありません。というか、プロトコルと言われる「守らなければならないこと」はあるのですが、それを知っているか知らないか、教えられているかいないか、によって付いてくる人たちの考えが変わってくるのですね。

私は知っていることはシェアしたい、と考えるタイプなのですが、例えば「このハーラウがこういうレイを使っていたけれど、それは場としてふさわしくない」と聞いていても、それを取り上げることは、そのハーラウに対して侮辱をすることになってしまうので、ハワイの人々は言わないのだと思います。私が言えるのはそれだけなんです。ただし、ここから汲み取っていただいて、この週末に見た踊りや衣装をそっくり真似して踊る、なんてことだけは避けてくださいね。

そう考えて行くと、ハーラウを変わるというのも悪いことばかりではないのです。もちろん、そこでずっと勉強できればそれはそれでも良いと思いますが、先生を何人か持つといろんなことを学ばせていただけるし、まして、一つのハーラウで天狗になることもありません。それほど学ぶことが多いし、自分が勉強してきたことなんて、ホンの一握りでしかないということに気付かされるからなんですね。フラには重要なHa'aha'aという奢らない態度をさらに認識させられるからなのです。

ここまでは自分への再認識も含めて書いているのですが、そんな中でご縁があって読ませていただいたのがこちらの記事です。日本の中でハーラウやフラで悩んでいらっしゃる方と言うのは、ほとんどが人間関係ではないでしょうか。変わったら他に教室がないから、という理由の方も多いと思いますが、何が目的でフラを勉強されているのでしょうか?真剣にフラを勉強したいと思えば、道はいくらでも開けてきます。厳しいですが。(笑)・・・実は、「ほんとうに踊りたいのか?」と私達は頻繁に問われているのですヨ!

なので、こちらの先生の記事を読まれると、ひょっとしたら答えが出てくるのではないかなと思いリンクさせていただきました。
関連記事
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
509位
アクセスランキングを見る>>