10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

放射能汚染に関して拡散希望のメッセージです

昨夜フェイスブックを通じて、日本に住む友人より以下のメッセージが流れました。日本に住む皆様のご理解・ご協力をお願いできればと存じます。以下、全文です。

<拡散希望! ガイガーカウンターを持つ日本国民の皆様へ>

日本全国で、ガイガーカウンターを持っている方々へ。(私も所有しています)。現在、文部科学省のサイトなどで、各地の放射線レベルの測定値を発表していますが、対応が遅く、遅ければ10時間も前のデータしか把握することはできません。知り合いの報道関係者によると、被災地東北でも、福島を除いては各県に1つ程度しかモニタリングポストはなく、場所によっては公開されている放射線値をかなり上回るデータも検出されています。被災地では、自分の住む町近郊のデータがない、という不安の声も上がっています。

そこで、その報道記者の提案で、特に首都圏より北の地方にお住まいの方で、ガイガーカウンターを持っていらっしゃる有志をつのり、Youstreamなどで、県単位ではなく、もう少し局地的な放射線量を皆さんにお伝えできないかと相談を受けました。例えば私の場合、埼玉県所沢市の午前中の放射線量はこれくらい、などと定期的に情報を発信するわけです。

これで、数万円もするガイガーカウンターを買えない人も、今現在手に入る情報よりは、自分の地域の詳細が分かるようになるのではないでしょうか。具体的なシステムなどは、まだ全く白紙ですが、ご賛同いただける方、ご意見のある方、メッセージをお願いします。

メールでもOKです。videonetcompany@gmail.com までお願いします。

実現は簡単ではないでしょうが、ガイガーカウンターを持っている者として、できるだけのことはしたいと思っております。

追記

 

確実にお伝えいたしたいことがあります。私は多少の情報しか知らされておりませんが、日記にも書きました通り、先輩のジャーナリストは「モニタリングポスト(各所に設置された放射線測定器械)のデータが、その県すべてに当てはまるわけではない」という点を重視し、ガイガーカウンター、つまり個人が所有できる放射線測定器による、ピンポイント測定案を私に提示しました。これは決して、公開されている情報がねつ造されているという意味ではありません。実際、被災地周辺を彼が取材で走り回っている時でも、ひとつ交差点を越えただけで、放射線量が倍になったり、またすぐ元にもどったり、ということが結構あったそうなのです。

放射線工学などという小難しい話はおいといて、基本的に先のようなコトは十分ありえます。空中を漂った放射性物質が、建物の集中具合など何らかの理由で、ある場所には多めに降り、別のところには大して降らない、それが、計測ポイントのちょっとした違いによる、放射線量の差に繋がっているのです。

今回の呼びかけの最大の理由は、「正確な情報が得られない不安」を持つ被災地周辺などの人たちに、少しでも安心を感じてもらうためにあります。決して「そのうち大変な量の放射能が降るから」といったものではありません。恐れる必要もありません。今、皆さんがおかれている状況が「ちょっと気にした方がいいかな」「今日は全然大丈夫だ」と、自分で判断できるようにするのが目的です。

ご批判などは甘んじてお受けします。いつでもメッセージをお送り下さい。

関連記事
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
256位
アクセスランキングを見る>>