08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ考

10年前、20年前に比べると、情報のスピード、量、広域性みたいなものが信じられないくらい進歩しましたよね。日本でどれだけ流行っているかわかりませんが、フェイスブック、アメリカではほとんどmust have(持っていてあたり前)みたいな感じになっています。Twitterも同じでしょうけど。ちょっとしたつぶやきが即座に広まる。今日はそんなつぶやきからフト考えたことです。

昨日お伝えしたように、今日はPCC(ポリネシアン・カルチュア・センター)でモアニケアラ・フラフェスティバル。私が以前所属していたハーラウも出場しました。見に行こうかな~とも思ったのですが、何たってラーイエは遠い!おまけに朝の9時頃から。と言うことでパスです。で、今日はのんびり家で過ごすことに。そんな時はついついフェイスブックをチェックしてしまうんですね。すると、

「多分日本のハーラウだけど、うちのハーラウのルーティンを完璧に盗まれた!」と憤慨した様子のつぶやき。それも、どうやらハーラウがフィナーレで踊る予定だった曲のよう。

振り付けはクムのものだから、ハーラウの踊りがどうだとかは特に心配する必要はないと思うのですが、「日本のハーラウ」と聞くと反応的に「真似たのかしら?」とがっかりしてしまいます。それが、シスターハーラウでもなければ、カヒキナグループを作っているクムの日本の教え子達でもない、まったく知らない人たちだからです。それに、その曲、アンクルエドの振り付けはかなりユニークなものです。

いくら先生の感覚が同じでもまったく同じ振り付けになることはないでしょう。と言うことは、ワークショップでクムフラに教えてもらったか、あるいはYouTubeなどのビデオで見たか。どこまで同じだったか私はその場にいないので何とも言えませんが、ふとワークショップに考えが及びました。

クムフラによってはワークショップで教えた曲は公共の場で踊らないでくれ、という人もいます。なんと極端な!それなら何で教えるんだろう?と思ったことがあります。フラはシェアするものなのに。

そうかと思うと、クム・プエオのような人もいます。私が彼のアウアナのワークを受けたとき、彼はこんなことを言いました。

「今日教えた僕の曲は、僕たちの振り付けで、今日皆さんが習ったものは皆さんのものです。だから、どうぞ自由に踊ってください。忘れてしまったら好きなように変えてもいいです」と。 

今は友達になったクムフラのタミーと一緒に顔を見合わせて感動したのを覚えています。

私の前のクムフラのアンクルエドはワークショップでもハーラウで習うものと違えずに教えていました。クムフラによっては振りを違える人もいます。どちらにしても、教えてもらったものは自分のものでカニカピラなどでは踊っていいと思います。

ただし、完璧にその通り踊れれば、の話だと私は思っています。なぜかと言えば、その踊りはクムフラの振り付けで、その踊りを踊ると言うことはそのクムフラを代表して踊ることになるのだから。ましてや、それでショーやコンペに出るとなったら、教えてくれた人に許可を得てからするのが礼儀ではないかなと思います。

それに、練習の量が違います。ワークショップはたった1回2~3時間。ハーラウで習う時には何回も何回も、そして完璧を目指して踊ります。

これはコスチュームにも言えることです。よくハワイで聞く話が、メリーモナークのコスチュームがその年の他のコンペやショーでは日本のハーラウにすでに真似をされているということ。コンペ会場でスケッチをしている人もいたそうです。

メリモのコスチュームだって、クムフラのクリエイティビティなんですよね。それを簡単に、「あ、これいい!」となると、なんだか空しいです。そのクリエイティビティだって点数なのに。

現代フラを踊るなら、良いものの真似をするのも一つの案ですが、一つひねりを入れたいなと思います。そうすることで、人それぞれの持ち味が出てくるじゃないですか?それに見ている方が「あ、真似てる」と思うと、その分幻滅してマイナスになっちゃうんですよね。

たった一人のフラブラザーのつぶやき。そんなことを考えました。
 
関連記事

No title

何年か前、友人のホイケに行った時の事。



私から少し離れた席に座ってる方がパフォーマンス中にノートを取ってるんです。しかも必死に。



「うちのお母さんは見ながら評価をメモってたりするんだよ。コスチューム、表現力、フォーメンションetc細かくメモってるんだよ。10点満点で採点なんだよ。フラをやらないのにねぇ。」って友人がいたり。



MMFの会場でもパンフに点数付けて楽しんでる方もいらっしゃいますしね。



気になって、しょうがない私。



で近くの方(友達)に何を書いてるのか確認してもらったら

なんと、振りを書いてたんです。

取ったノートをどう使うのか。。。。

考えたくはないのですが。。。。ショックでした。


No title

うわっ!すごいですね、それ!

いや、振りを書いてるって!あっぱれです♪ 形だけから入る典型的な人かもしれませんね。綺麗に踊れば良い、っていう。



私も私のフラシスもパンフにはいろいろ書き込みます。でも、それはこんなとこが良かったとか、何人の構成でどんな衣装だったかとか、そんな感じですね。特にメリモなどの場合はたくさん見ていると思い出せないんです。感激だけが残っていたりして。だから、その場でメモっておきます。すると、あとで話が出た時に、ああ、あそこのハーラウね、って思い出せるんですね。また、そこで、疑問に思ったことをあとでクムフラに聞けたりしたので、それはそれでいい勉強になりました。



し、しかし、・・・振りを書き込むってのは、ホントにビックリです!真似するだけって空しいと思わないんでしょうか・・・。不思議。
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
316位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。