07
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

これが正しいフラ!

今、森のくまさんへのコメントで、フラの活動はしていないから記事は書かない、みたいなことを書いたばかりでおかしいのですが、少し前に読者の方からメールが届いておりましたので、それに関して振り返って言えることを書こうと思います。

私は今フラと全く関係のない仕事をしておりますし、SNSやブログなどを通じて個人的なやり取りも行っておりませんので、コメントをいただいた方からは直接メールでのお返事を依頼されましたが、代わりに記事にしておきたいと思います。



私とハワイの関係は、1年に数回フラシスターが日本にやってきてはハーラウの話をしたりもしますし、メリモに出場するなどシスター達が活躍する機会があれば、多少なりともサポートをすることがありますが、個人的にフラを見に行ったり、踊ったりすることは皆無です。なぜかと言われると、時間がないのが理由でなくて、私にとってフラはハワイのものだから、やる理由が見つからないんですね。それに私のクムは、去年亡くなった大クムのみ。ハワイに戻ることがあれば、彼女の娘を中心に続いているハーラウにまた入れてもらうことを考えますが、そのプランもない今は誰からもフラを教わりたいと思いません。だからフラを行う意味がない。

フラと言ったら、これまでに電車の中や、駅などで、それらしき女性のグループが大きな荷物を抱えて、髪に花をつけたりして歩いているのは数回見ただけですね。それと、あちらこちらにハワイアンレストランがあったり、フラの衣装を売っていたりするのを見て、これが日本のフラなんだ〜と思いました。

先日駅で見たグループは、そのリーダー的な人(先生なのか、アラカイなのか、単なる中心的人物かはわかりませんでした)が、ガムをくちゃくちゃかみながら、大きな荷物を担いで歩いていました。そのそばを素通りしていく地味な私がこんな記事を書いているなんて気付かれないことが、ちょっぴり愉快であったりもします。そういうことをよく言われたものです。どこで誰が見ているかわからない。特にハワイは狭いですから。

ハワイの頃を振り返れば、ガムを噛みながら移動したことってなかったなあ、と思いました。

フラにも派閥というか、流れがあって、私が属した3つのハーラウはそれぞれに違いました。もちろんクムフラ同士は知っているし、敬意を払っていますが、活動を同じにするのは、メリモの舞台ぐらいでしたでしょうか。

先ほどのガムにしても、少なくともハワイのハーラウではなかった。特に最後のハーラウは素行に厳しかったので、ハーラウの名前をこれ見よがしに出して歩くこともしなかったですし、ハーラウのユニフォームなどは必要以上に着ることもありませんでした。イベントが終わって、お揃いのTシャツでアルコールが入ったりする時にはアラカイの目が光っていたものです。お揃いのシャツを着たり、バッグを持ったりしている時は、イベントでみんなが集まっているときぐらい。ハーラウ以外の用途でハーラウの持ち物を持っていくことはなかったように思います。

派閥といえば、衣装の選び方、化粧の仕方、もちろん、手の振り、表現の仕方、タトゥーに対する考え方など様々です。ある意味、クムフラのやり方が気に入らなければ、やめなさい、という感じでしょうか。タトゥーにしても、最後のハーラウにはハワイアンの人も多かったので、タトゥーをしていても何ら問題にはなりませんでした。

その前のハーラウにもタトゥーをしている人はいましたが、男性はオッケーでも、女性はドーラン?のようなものでタトゥーの部分を隠すよう指示されていました。肌と同じ色のファンデーションでも塗っていたのでしょうか。私はそういう人たちの周りで手伝うことがなかったので、よくわかりません。どちらかというとクリスチャン系のハーラウの方が、「魅せる」という意味でうるさいのかもしれません。

タトゥーがオッケーだからといって、日本のやーさんみたいなものまでオッケーだったわけではありません。ハワイアンの人たちは、代々家に伝わる家紋であったり、守り神のアウマクアであったり、それなりの理由があったと思います。だから、時々、南米のタトゥーやハワイのタトゥーを真似して体に入れる人もいるようですが、それは私はナンセンスだと思います。まあ、アメリカではファッションでやっている人もいるので、そういう人たちは南米だろうがハワイだろうが好きなものを入れるのでしょうけれど。私の思い出す限りでは、自分の名前を日本語読みさせたり、漢字を入れたりしている人がいましたね。確か誰かが漢字を入れていて、さすがにそれは隠させられてたような記憶があります。

ずいぶん前にも書いたと思いますが、これが正しいフラ!ってのは無いようなんですね。ある意味、みんなクムフラの行うフラを伝承するのが正しいフラ。だから、そういう意味ではみんな正しい。

そして、そういうことだから、クムフラの思い一つで踊り手も選ばれていく。なんだか、そういう昭和的なところ、曖昧なところが面倒くさくて、惜しみもなく離れられたのかもしれません。今は全く時間がありませんが、もしダンス系をやるとしたら、人に見せるためのものでなくて、体の線を綺麗にしてくれるジム的なものをしたいなと思います。そう昔やっていたターボキックのようなものを。
関連記事
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
591位
アクセスランキングを見る>>