10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
24
25
26
27
28
29
30
31
   

もう、いない

すでにご存知の方も多いと思いますが、先月私の唯一「大クム」と呼び尊敬したクムフラが亡くなりました。ちょうど49日の今日、やっとそのことをここに書く気になりました。いえ、本当はもうちょっと前から書いていたんですが・・・。日本のお葬式にあたるサービス(式典)も盛大に終わり、ハワイの人たちも徐々に以前の生活に戻りつつあるようです。




クムが亡くなったことは、あまりに恐れ多くて私の口から公共の場でそれをアナウンスする気持ちにはなれませんでした。ちょうどメルマガ発行の日で、限られた読者にはほんの少し触れました。でも、公の場で「他界されました」と一言で片付けられない重さがあったからです。もとより、シスターからも、家族からのアナウンスがあるまではお葬式のことなどはブログ等で言わないようにとのアドバイスがありました。もちろん、私も率先して言うつもりがなかったので、「わかっている」と返事をしておきました。私の属したハーラウは特にそういったことには徹底して礼儀を重んじるところで、生徒たちはことごとくクムやアラカイたちから口を酸っぱくして諭されていたのです。

私がハワイを離れる時、一番の心配事が大クムの健康でした。そして、縁起ではないですが、でもそういう心配もあったので、御葬式には絶対参加しなければ、と思っていたのです。

でも、あまりに急な死に私は何もできませんでした。お葬式どころかハワイに行くこともハーラウに連絡をすることもできませんでした。仲の良いシスターたちとフェイスブックを通して言葉にならないコミュニケーションをするのが精一杯でした。

クムがいない。

クムのあの大きな体が存在しない。

クムの顔が見られない。

来る日も来る日も「クムがいない」そのことだけが頭の中を過ぎて行きました。

私がハワイを離れる前、大クムが私のために送別会を開いてくれて、一人のクムに私を先にレストランに連れて行かせた後、シスターたちを集めてした話を、私は他のシスターから聞かされました。

「(ハーラウに入りたいと)何度も何度も電話をかけてきては(これ、実は私ではないんです!神に誓えます!!!ー笑) XX (一人のクム)を困らせて、あまりにうるさいから、ならやらせてみなさい、どこまで出来るか見てみよう、と入れたけれど、私はそのうちだんだん彼女が好きになっていった。彼女が日本に帰ってしまったら、本当に会いたくなると思う。」

かい摘んだ話はそんな事でした。それをそのシスターから別のレストランで聞いた時、私はあまりのありがたさに涙をこらえる事ができませんでした。

本当に会いたくなると思う。 I'm really going to miss her...

その言葉が絶えず私の頭にはありました。ごめんなさい、クム。会えなかった。もういなくなっちゃった。

私には年老いた両親がいて、その介護をしなけれがならないと気づかせてくれたのが大クムであり、このハーラウでした。家族の大切さをよく教えてくれた人たちでした。でも、その大クムがもうこの世にはいないのです。

来る日も来る日も、I'm really going to miss her... の言葉が頭の中で響き、歩いていても、電車に乗っていても、雲を見ても、花を見ても、クムがこの世に存在しなくなった現実が信じられず、クムに会えなくなってしまった悲しさだけが私の体の奥深くに埋もれていました。

そうして1ヶ月近く経つ頃、サービスを前にして、私はやっとの思いで大クムの娘たちであるクムたちにメールを打つことができたのです。3年ほどしか部員でなかった私ですらこんななのですから、家族の悲しみといったら比べ物になりません。それでも彼女たちは力強く日々を送っていました。

それと同時に、私はハワイがもう自分の家ではなくなったんだと思いました。ハワイには大クムがいたからまるで自分の親がいるような、「マイホーム」と呼べるような、そんな繋がりを感じていました。ハワイには友達も知り合いも、フラシスターもいるけれど、たとえ戻ったとしても何か心にぽっかり穴が空いたままになるようで、ハワイに住みたいと思いません。それだけ、自分が日本で生まれ育った日本人であること、日本が故郷であることを教えてくれたんだと思います。

大クムが「やらせてみよう」と決意してくれたおかげで私には何にも代えがたい思い出がたくさんできました。

クムはアラモアナの海に眠りました。そう、あれほど憤っていた高層マンションやホテルが立ち並ぶカカアコの海に。クムはきっとアラモアナの海でオアフ島を守っています。いつかまたハワイを訪れることがあったら、真っ先にクムに会いに行こうと思います。

そして、もし行けなかったら、クム、いつかまた太陽のもとでお会いしましょう。
関連記事
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
219位
アクセスランキングを見る>>