08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールのお返事

読者の方からメールをいただきましたが、多忙のため、またOSをアップデートしたらネットに繋げなくなってしまったりしたためにお返事ができませんでした。

メールも「なりすましメールの可能性があります」というエラーが出てしまっていましたので、念のため、こちらで記事として扱っておきたいと思います。ご了承ください。文章は支障のないように一部変えてあります。



『あるハラウに見学に行きました。そこは、ハワイにクムもいる、本場と同様のレッスンをしているとのことでした。
でもそこは、楽器を購入しているようです。ハラウによって違うでしょうが、ハワイのハラウでは、レイは編むでしょうが、授業で、楽器やその他のクラフトを作ったりはしないのでしょうか。本場ではどうなんだろうと思いました。』

答えから言うとその先生によってまちまちだと思います。私の属したところでは、すべて、スカートやドレスでさえ自分たちで作りました。授業というよりも、レッスンの前後にクム(うちは大クムを含めて14人クムがいました)やアラカイがグループを作って教えてくれました。そのプロセスたるや大変なことも多々ありました。

ハワイのハーラウであっても、ハワイアンの先生がメインランドなどで行っているハーラウであっても、重視する事柄によって違うのではないでしょうか。ドレスの購入や辞めるときの処分の方法などもいろいろあるようです。うちのハーラウは衣装のほとんどをハーラウが用意してくれて負担は少なかったので、私は自分が使わせていただいた衣装やそれに合わせて購入したものは全部ハーラウに置いてきました。楽器も日本に持ってきても仕方がないような大きなもの、イリイリなどもあげてきました。私には日本でフラを行う気持ちが全くなかったんで、持ってきたものは自分で作った2〜3の楽器だけです。苦労して作ったククイナッツのオイルや染料に使う灰などはハーラウに提出のものだったので、それも手元にありません。

以前のハーラウで揃えたものなどもシスターにあげたり、買ったドレスはある方に買い取っていただいたりもしましたけれどね。

日本に帰ってきた今、やはり日本で行うフラはハワイの文化を伝承しているフラとは全く違うものだという認識が強まっています。日本にいる私たちが継承するものは日本の文化であると思うからです。そうなると、その先生の意向によって、楽器をつくろうが買おうがあまり重要なことではないので、ご自分はどんなところで何を習いたいのか、どんなスタイルのダンスが好きなのか、それさえしっかりしていればいいのではないかと思いますよ。
関連記事
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
282位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。