04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

国技

大相撲の夏場所(だったよね)が終わり、日本も既に夏真っ盛り♪

皆さんお変わりありませんか?



「日本に帰っても仕事なんかないから・・・。スーパーのおばちゃんぐらいだよ」と現地の日本人に言われつつ、

「いや、これからは日本が面白いと思う!」

と周りの反対を押し切って帰って来た私は、予想したごとく結構忙しい日々を送っています。お給料だって、ハワイよりはるかに良い高給を頂くことがあって、やっぱり日本ってすごいじゃん♪とまだまだ日本に飽きていません。

さて、冒頭のお相撲。現在の横綱はみんなモンゴル出身の力士なんですね。

日本の相撲協会や日本人がすごいと思うのは、きちんと実力で「横綱」として外国人を受け入れていることです。

でも、多分メンタル的に日本国民は日本人の横綱を待っているのではないでしょうか。だから遠藤さんなんかドンドン人気が出ちゃう♪

これはフラではほとんどあり得ないことだと思います。ハワイアンは頑なにその地位を守り続けるでしょう。フラは技術だけでは測れないからです。

「日本のチームがメリモに出られないのは、日本人がコンペに出たら総なめに賞を取っちゃうからよ」と言われた方がいましたが、それは言い過ぎだと思います。技術だけでは心が動かないからなんですね。たとえそれを心を込めて躍ったとしても、情緒豊かに躍ったとしても、それは間違った解釈であると思うのです。二重、三重に秘められたカオナを理解するのはそう容易いことではないです。

ハワイでフラを行っている日本人のほとんどが「日本人である」「ハワイに生まれていない」と言うことに後ろめたさのような劣等感を持たされるのも、フラの一つの特色でしょう。でも、それは裏返せば、自分が日本人であることに誇りを持っているからではないかとも取れます。

その日本に、今年のフラ・カンファレンスのトレーニングが今までにない勢いでマーケティングをかけています。私個人的には、食傷気味です。日本の神様の前にフラを奉納しても、神様は笑って受け入れるでしょうけれど、それよりも日本の作法で訪問してくれた方が嬉しいんじゃないでしょうかね?あ、神様はそういうこと抜きにみんなを受け入れるんでしたっけ?(笑)

世界でフラが流行っている、だからフラを広めて行く。でも、ちょっと背後にビジネス的な匂いを感じます。

日本には日本古来の文化と作法があります。私は日本では日本の文化を大切にしたいなあと思います。

フラは、ハワイに帰ることがある日までお預けです。
関連記事
Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
アクセスランキングを見る>>