04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ハワイから学んだこと(1)ー自然か自我か

ハワイの人がハワイの自然を自慢に思い大切にしているのはご存知でしょう。もちろん、全員じゃないですけどね。

ポイ捨てする人も多いし、ハワイアンの大切な場所に空き瓶のガラスの破片だらけがあったりすることもよく見かけます。倫理観の問題だから、どこの国でもあるとは思いますが。



そのハワイの自然ですが、すべてがハワイの土着のものではないこともご存知でしょう。ハワイと言ったらデザインに必ずでて来るプルメリア。これは確かメキシコ辺りが原産ですよね。

とっても奇麗な緑色とオレンジのゲッコーがいて、ハワイに来て初めて見る人は、あまりの奇麗さに感激しますが、あれだって外来種。確か、ハワイの土着のゲッコーは少なくなっているはずですよ。

カピオラニ公演などに行けば、私もよく写真に撮りましたが、巨大なインコがいたり、サクラ文鳥が飛んでいたり、メジロがいたり、賑やかです。

これは、移民がみんな持ち込んで、それが野生化して増えているからなんですね。

私たちが山に入ってカラーアウのための木を伐ったのは、いわばハワイにとっても雑草を刈るためでもありました。なぜって、ストロベリーグアバは外来種でハワイ原産の森を脅かしているからです。

外来種ってどこでも強いんですよね。魚で言えば、日本で問題のバス。アメリカから入って来ていると思いますが、逆にアメリカでは日本のカブトムシが嫌われています。

これって結局、自分のペットにしたかったり、欲しかったりするものを持って来るからこうなるんですね。

それを考えると、やはりハワイのものはハワイに、そして日本に持ち込まずに日本の動植物を守るのが大切ではないかと思います。

母がカリフォルニアに来た時に、ドライブで見つけた大きな松ぼっくりを飾りに持って帰ろうとしたのですが、家に帰って来た時に小さな虫がたくさんでて来たのを見つけ、持ち帰るのをやめたことがあります。害虫まで持ち込んでしまいますからね。

メインランドに帰ったアメリカ人の友達は、ティアレの木をどうしても持っていきたかったようですが、結局諦め。でも、ドンキで売っているいろいろな植物の幹を買い込んでいました。

本当は私もパラパライやラウアエなんか持って帰って植えたいなあ、と思ったのですが、相手はシダ類。胞子で簡単に増えそうで、環境が難しいんです。それを考えると植物を単に殺すことになっちゃうなあと諦めたのでした。ハワイの植物はハワイにいるのが一番幸せですからね。

そういいつつも、空港で未練がましくティの挿し木用幹を購入してしまいました私。(笑)人間の煩悩はそう容易く失くせるものじゃないですね・・・。そう考えると動物園もなんだかなあ、って思ってしまうのです。
関連記事

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

Secret

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
アクセスランキングを見る>>