06
5
9
14
19
25
26
28
29
30
   

陽はまた昇るーワンステップアップ

24日、25日と行われたキング・カメハメハ・フラ・コンペティション、無事終了致しました!今回のコンペは、「ステージ直前でカットする!」という超厳しい大クムとはまったく違い、「全員に経験させたい」と言うビッグ♡の大クムで、リハーサルを休んだ二人がカットされ(それでも厳しくカットされています!)、3人は仕事の都合で自らステップダウンした以外は、残りの35人全員参加で、大クムにしては「気が狂ったか?」と思われるような形でのコンペでした。

カヒコナイトの金曜日は、準備をしている間にクムの一人が衣装をチェックして歩いている時に「うちは、かつて賞を取らなかったことはなかったからね・・・」とハウマナにプレッシャーを与えてくれて、さらに「しっかりやらなきゃ」という気持ちにさせてくれました。10人前後は初めてのコンペ出場だったりしたのですが、大家族のようにしっかりと絆ができているので、恐怖感よりもまるでキャンプでもしているかのような楽しさがありました。(実は私はなぜかココロに余裕があって、行く直前に何を狂ったかフラバッグのミシンがけをしていたのです!その後、プルメリア探しのオーダーが出ていきなり慌てるのですが!ー笑)

うちのハーラウは伝統的なハーラウでカヒコを得意としているのですが、今回は賞を逃し、プレッシャーをかけられながらも何とかアウアナでぶら下がりました。著名な某クムフラも見に来ていて、彼はうちのハーラウが行く所々に出没しては大クムの独特な振り付けを観察するらしいのですが、彼からも多大な評価を受けたカヒコでハウマナ達には多少の期待があったようです。

私はちょっと辛めに見ていたので、まあ、こんなこともあるわね、と感じたのですが、最後にハワイアン・ランゲージ(ハワイ語)アウォードの項目を見た時に、ふと、うちにくるな、って思えたのです。あれだけのハワイ語のプロが集まっていますから。大クムもクムも、この賞には大喜びでした。私は軽く「取れる」と思ったのですが、今朝ハワイ語のプロ中のプロのクムの一人(素晴らしいハワイ語のオリをしてくれます!学校時代の憬れの先輩という感じのクムです。多分年下だけど)に話をしたら、「あの賞はそう簡単に取れるものではないのよ」と言われました。正しい発音、抑揚、オキナ、カハコの位置、オリの仕方、チェックポイントはたくさんあって、それが完璧にこなされていて初めて取れると。

二日目の昨日はアウアナ。例によって最後の最後までプルメリア探し。色は黄色、と決まっていて、それを完全に揃えるにはお店での注文が一番確実だったのです。プルメリアの木々には花をつける周期があるのだと思うのですが、1ヶ月前はたくさん咲いていたプルメリアも葉っぱばかりが目立つようになっています。35人分、それもちょうど股間に届く程の長さを2本、そしてココ。プルメリアを見つけるのが困難な10数人は注文を勧められて、チャイナタウンでおよそ3000個のプルメリアを注文できたのですが、結局1日前にオーダーが通らなかったことを知らされ(ミシンがけしていたときです!)、アウアナの当日にそれぞれが空港に走ったり、近所に集めにいったりしたのです。

私は毎度のことカイムキの家を訪ねて歩き、2軒約束して昨日の朝に臨みました。起床6時(私は超夜型です!)、飲み食いせず、化粧もせず、30分後にはマンゴーピッカーを担いで車に飛び乗り、集めたのですが、高くて取れません!5軒程訪ねて歩き、1軒は手に届くところに何百とあったのに、住人のおじいちゃんが起きて来ず、2時間経っても250取れたかどうか・・・。アラカイに電話すると、多分十分あるだろうからと、そこであきらめて家に帰り、ものすごいスピードで髪をまとめて化粧をし、会場に向かったのでした。集合時刻は9時。私は40分程送れて到着。でも来ていたのはたった3人でした。その後ぞろぞろハウマナが集まり始め、レイを作り出します。

私が集めたのは大振りでとても豪華なものだったのですが、多くをマンゴーピッカーで傷めてしまったようで、使い物になりません・・・(涙)。その間、大クムが残った花を集めてどんどん新しいレイを作ってくれていて、結局私は自分の集めた花をつかえたのですが、最終的なクムチェックで却下!!! レイの花が傷んでいるからではなくて、あまりに大振りなので「白い」部分が多すぎたのです。縁取りの白です!それと、花が開ききっていないので、黄色の部分が見え難いのです。ハウマナの一人は「すっごくビューティフルなのに・・・」と文句ありげでした。私は大クムが作ってくれたレイをつなげて作り直すことになりました。

コンペの時はいつでも感じるのですが、クムやアラカイ、そしてハウマナ達がお互いの衣装をチェックし、直してくれる。普段の生活では全部自分ですることを、まるで小さい娘になったように面倒を見てくれます。ポジション的に入退場の際のトップになってしまった私とすれ違う時には数人が手を握って行ってくれます。たったの4ヶ月の新人を温かく迎えてくれるオハナには感謝してもしきれません。

アウアナのジャッジには私の前のクムフラも並んでいました。彼のためにも立派な演技をしなければなりません。残念ながら今のハーラウと一緒に行動していて挨拶に行く機会を失ってしまったのですが。

そんなこんなで嵐のように過ぎ去った2日間。夕べ帰ってきてからは食事もせずに横になったが最後、もう起き上がれませんでした。

そして、今日朝9時からのフラ。コンペを経験した新人達はハーラウを代表して踊ったので、ここからまたステップアップなのです。次はハーラウのシグネチャー(独特の)ムーヴメントと言われる手の動き、腰の位置を徹底的に教え込まれます。

ということで、今朝はアイハアでのワークアウト。そして、うちのハーラウがハーラウである所以、一人一人の心構えを確認されて2時間半の練習を終了しました。

7月は毎週土曜日の夜、交代でヘルモア(ロイヤルハワイアンショッピングセンター)でカヒコのショーを行います。16日はプリンスロット・フラ・フェスティバル。お時間のある方はどうぞお越し下さい。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!

theme : つぶやき
genre : モブログ

tag : キング・カメハメハ・フラ・コンペティション、ヘルモ

レッツ ピジン!4

● ハワイ豆知識 <レッツ ピジン!4>

 久しぶりにハワイの英語、ピジンです。

 ピジン大好きな方、ゴメンナサイ。今日の記事はアンチ・ピジンです、
どちらかと言うと。(笑)

 ハワイの英語がなんとなく無礼な響きがあるのを感じた事あるでしょうか?

 ときどき、ハワイを訪れるアメリカ人がムッとしている事があります。
なぜかというと、聞かれて答える方が、紋切型で、英語にもある丁寧な言い回しを
しないからなんです。

 英語なら、Could youとかWould youとかの言い方があります。

 ハワイでは命令形なんです。Tryをよく使います。代表的な例はTry move.
日本語にしちゃうと、「どいてごらん?」

 これって、日本語英語っぽくないですか?これ聞くと、私はなぜか悲しくなります。
ロコはおもしろがってピジンを使うんですが、使わない人は使いません。
それでなくても、標準語ではないので、米本土に行くとバカにされる事も多い
(あるいはそういう悲観的な感情になる)みたいです。

なら、使わなきゃ良いのに、って思うのは私だけでしょうか?


 さて、さっきのTry move.ですが、Try move!と命令しているのではありません。
これって、Excuse me!なんですって。「すみません」ってこと。

 フラシスターの家で台所の引き出しの前に立っていたら、言われました。
"Try move." 知らなかったらムっとしたかもしれません。

 まあ、「食べてごらん」も"Try it!"ですけどね。"Would you like?"なんて
言ってません!

 この頃はこの命令形、慣れてきましたが、メインランドに行った時に
出てしまうのは困るし、もとより日本語訛りのある英語がもっとひどくなった日
にはもっと悲しくなるので、なるべくピジンは使わないようにしています。
 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : ハワイ豆知識、ピジン

ハンドモーション1

● <ハンドモーション1>

 
 ハワイは1820年にアメリカから宣教師達がやってきてアルファベットを
伝えるまで、書き表す文字がなかったのは、皆さんご存知かもしれませんね。

 文字がなかったからこそ、その歴史や伝記はオリ(詠唱)やフラによって
後世に伝えられていったのです。

 逆に文字がなかったから、日本の江戸時代の頃の話でも、はっきりした記録が
なかったりするのです。


 フラは物語をシェアすること。その物語を伝えるのに重要な役目を果たすのが
手の動きですよね。

 皆さんはそれぞれの手の動き、ハワイ語で言えますか?

 ノートを取るにも、モーションを覚えるにも、ハワイ語で覚えていくと
歌の理解がますます早くなりますよ!


 それでは、一つ一つ見てみましょう!

 
  ∴‥∴‥∴‥∴


 天体:

 1.太陽 Ka la(カ ラー;カハコあり)

 大体、頭より高い上方で、両手の親指と人差し指を中心にして丸い形を
作りますね。大きな太陽、小さな太陽、皆さんの先生はどんな太陽を
作っていますか?

 2.月 Mahina(マヒナ)

 形は太陽と同じです。

 3.星 Hoku(ホークー:両方の母音にカハコが付きます)

 両手の人差し指と中指を立てて、その2本の指を交差させてクロスを
作ります。交差の仕方も、右が上か左が上か、よく観察してみましょう。


 自然:

 4.山 kuahiwi(クアヒビ)Mauna(マウナ)

 両手を斜め上方にあげて表しますが、高い山、低い山、皆さんの先生は
どの辺りに山を持ってきているでしょうか?
ほんの小さな角度、向きの違いでばらつきが出ますので、基本となる先生と
同じ角度、向き、高さにするのがポイントです。

 5.海 kai(カイ) 大洋 moana(モアナ) 波 nalu(ナル)

 大方の場合は、手の位置は自然に降ろしたあたりで波をつくりますね。
ただ、ナルになるともう少し高い位置に来るようです。
 これも、先生やハーラウによって違いますので
クムフラの動きに注意しましょう。

 6.大地 'aina(アーイナ) 
   浜辺 kahakai(カハカイ)'ae kai(アエカイ)

 地面を表すモーションは大体、中央から両側に手を開いて表すようですが
この場合、手が地面と水平になるのがポイントではないでしょうか。
こうすることによって、表面を表せますね。

 手のひらを上にし、4本の指をひらひらと動かして(雨を表すように)砂浜を
表すクムフラもいます。

 7.崖 pali(パリ)

 高い崖を表しますから、あまり低い位置でなくてやや高めに。
直角に立てる片腕はまっすぐに。

 8.滝 wailele(ワイレレ)

 雨(ua)もそうですが、指がバサバサと動かないように。


 天候:

 9.雨 ua(ウア)

 その雨は片側で雨を作る場合は、外側になる手がやや上に来て
内側に来る手が下方になりますが、正面で同じ高さで雨を降らせる場合も
あります。

 10.霧 noe(ノエ)

 日本でいう靄だけでなく、霧雨も含まれます。両手でS字を描くような
感じで表されます。あるいは両手をそのまま前方でまっすぐ降ろしてくる
表現方法もあります。

 雨も滝も霧も、前方で描きますが、指で描くのではなく、手のひら全体で
表します。ですから、どちらかというと手のひらは地面に対して直角に
なりますね。

 11.風 makani(マカニ)

 片方の手を斜め前方に出し、もう一方の手で頭の上を1回転するような
動きですが、両方の手のひらの角度、向き、高さに注意してください。
私が経験した二つのハーラウでは微妙に違いました。

 その違いは起点と終点でも違いがあります!


  ∴‥∴‥∴‥∴


 以前もお話ししたように、フラにはこれが正しい、これは間違いというものが
ありません。ここにあげたハンドモーションは一例です。その振りの付け方は
基本があるものの、クムフラによって違いがあります。

 ですから、皆さんのところで習っている山が、他のハーラウでは形が違ってても
両手の空き具合が違っていても、それは間違えではないんですね。

 重要なのは、全員が同じように形を作っていること。

 なんと言っても、フラは群舞ですからね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


<次号予告>

 次号は、ハンドモーション(手の動き)の2です。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● このブロマガの著作権は発行者である淳子ケアロハに属します。
掲載内容の無断転載・使用を禁じます。転載は【事前に】ご連絡ください。

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします♪

こんなランキングもあります!

theme : ダンス
genre : 学問・文化・芸術

tag : ステップアップ・フラ、ハンドモーション

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
462位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1200

紹介文:人の心を動かすフラを踊るには、歌の内容を理解することが必須です。フラを愛するあなたにお届けするマガジンです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。