08
1
2
3
6
7
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
   

クカニロコ(バースストーン)

さて、2~3日前にクカニロコのお話をしたまま写真を載せていませんでしたので、登場させましょう。オアフ島の真ん中、ワヒアワの街を過ぎてドールプランテーションに行く途中にあります。カメハメハ・ハイウェイにウィットモア・アベニューがぶつかっているエヴァ(西)側にあります。車を停めるところがありますが、狭いので譲り合いましょう!奥に進んで行くと大きな石がゴロンとしていますので、すぐわかります。こんな感じです。
IMG_1069IMG_1070

18個ずつ並んでいる石は、出産を見守ったチーフ(地方の長)に敬意を表してDLNR(ハワイのお役所です)が加えたもので、オリジナルではないとのことです。出産は全部で48人のチーフ(4ダーズ!)に見守られたということですが、当時はハワイに文字がなかったので、それを口承で残しておくためらしいです。

IMG_1071IMG_1072

ユーカリの木とヤシの木に守られたこの地域、風がそよそよと吹いて、神聖な空気を宿しています。
IMG_1074IMG_1075

アメリカ人の友達を連れて行った時は、大きな石を見つけて、「これがベッドね!」としきりに写真を撮っていましたが、あとで調べると、出産をする高位の女性は、石には触れなかったということがわかりました。石は女性を支えるカフナ(神官)が支えとして使ったもので、カフナ達は女性を抱え、重力を使って産み落とした赤子を待ち受けていた一人のカフナが受け取ったと言われます。

王族は12世紀初頭にこの辺りに住みだしたようですが、日本では平安後期になりますね。その当時、このバースストーンのエリアに一般人が入ることは許されず、犯したものは殺されたそうです。そんな話を聞く前から、やはり気軽に入る気分にはなれず、いついっても、私はどちらかというと遠巻きに写真を撮ってしまいます。

ハレイワ側には、多分最近作ったんだろうと思われるカプ(禁断の場所)もあって、訳が分からないと、ちょっと不気味です。

IMG_1076

ワヒアワという街の名はハワイ語で「ゴロゴロ音が鳴る」という意味です。ワヒアワに鳴る雷は、遠い祖先の神様の声、アリイの位を継ぐ子孫を、オアフ島のへその緒としてのシンボルのクカニロコで出迎えた場所になります。

私はサイキックではないので、どれほど強いマナが流れているのかわかりませんが、胸がすっきりするほどの爽やかな空気が流れているのは確かです。ここを訪れる時は、神聖な場所を訪れている、ということを忘れないでいたいものです。

IMG_1080
私の好きな1枚です。 

メリモ、空振りっ!!!

そうなんです。2011年、うちのハラウはメリモに出ますっ!ってことで、カルアピッグを始めとするファンドレーザーを行っていたのですが、カネはいけるものの、ワヒネは外れました!1年も前からアンクルエドはそのつもりで申請もしていたので、簡単に行けるもんだと思っていたんですが(実力云々じゃなくてです)、他の有力チームに席を譲ってしまったわけです。(涙)ですので、先送りです。まあ、その分、また鍛えられるということですね。そして、その分、お金を貯められる!(笑)

ただし、うちのカネはメリモに出場予定ですので、引き続きファンドレーザーを行って行きます。ということで、女性陣は来年も観客席で応援です。次の機会を狙って鍛錬、鍛錬!!! 

人喰い人種の話

今年の夏の写真で残っているのはクカニロコ、って覚えている方いらっしゃいますでしょうか。ヒーリングスポット、まるで安産の神様のように、日本の観光客の方には紹介されているところですね。で、この場所の写真もあるので、それを紹介しようと下調べしていたら、物騒な伝説が出て来ました。まあ、ハワイの伝説は物騒なものが多いのでびっくりしますが。

で、この二日ほど、その類いの話を読んでいたのですが、それによると、あの辺りには以前タヒチからやって来た人喰い人種の酋長がいたのだと。その酋長はノースショアのモクレイア/ワイアルアにたどり着いたのですが、あまりに頻繁に食用に人をせがむので、人々に追い出されて、クカニロコの山側のヘレマノというところに住んでいたという、何とも?なお話です。

そして、ヘレマノの東はオアフヌイと呼ばれ、島の王様が住んでいたところでした。酋長の名前はローアイカナカ(ハワイ語で人を食べる人)、若い王様の名前は、オアフヌイです。ローアイカナカは、はじめ非常に慎重に王族と接し、その腰の低さを気に入ったオアフヌイはローアイカナカを宴に招きます。ローアイカナカはその宴のお返しとしてオアフヌイを招き、そこで出されたポークに似せた人の肉をオアフヌイは気に入ります。そんなことから、この若い王と人喰い人種の酋長の宴会が続き、人がどんどんいなくなるのです。

住人達はだんだんこの交流を嫌うようになり、村の長や僧侶の懇願で王はローアイカナカから離れるのですが、ある日、王の二人の甥が、彼らの父親が王に頼まれて魚を釣りに行っている間に殺されてしまうのです。そして、それにたいして怒った王の姉の夫(父親)は、王も、自分の妻も、殺して、村人達にも見捨てられたオアフヌイはそのまま石になってしまいます。二人の子供を殺すのに参加した者達もみな石になってしまうのです。そして、その後数百年経っても、その場所は人が住んでいない、とかいつまむと、そんな話です。

で、本当に人喰い人種っていたのかしら???って気になったわけです。そういえば、南太平洋を好んだロバート・スティーブンソンの話にも「カンニバル(人喰い人種)」の話があります。ハワイではこれがジョークになったりもしたようで、それを目当てに観光客が来たりもしたとのことです。最近でもマスコミでこのジョークを言ったタレントがやり玉にあげられているようです。まあ、ハワイにそういう人喰いの習慣などはなかったと言われていますが、19世紀のヨーロッパの人達には、この手の話が好まれたようです。

で、考えてみれば、エジプトや中国などでも、王の墓に犠牲者を葬った歴史もあるし、古いハワイでは戦いのためのヘイアウ(神殿)には犠牲者をまつったりしているのです。その辺りの習慣が人喰い人種、という何ともエキゾチックな話題になって伝えられたのかもしれませんね。どちらにしても、ハワイのヘイアウ、戦いの神様を祭っていたりもしますので、日本の神社仏閣のように「合格祈願」とか「安産祈願」みたいな形で拝むのはどうかと思いますよ。
まあ、私の独断と偏見かもしれませんが。
 

クムは忙し、生徒はのんびり♪

アンクルエドは今朝、新潟県の瀬波温泉より帰って参りました。参加した3人のダンサー共々、とても楽しい時間を過ごせたようです。もし、もしも、関係者の方がこのブログを読んでいるなんてことがありましたら、いろいろお世話いただき、ありがとうございました。おかげさまでクムは元気はつらつ、今晩は、初級者クラスとGLのクラスをコンバインして、ワヒネのクラスでしかやらない即興のアクロス・ザ・フロア(フロアの端から端まで一列3~4人ずつ並んで踊って行きます)までやらせて、ムッとしていました。日本から帰ってくるといつものことです。(笑)って、笑ってちゃいけないんですけど。

ま、クラスの後はワインを一杯、でご機嫌になってましたが。そして、明日朝の飛行機で今度はLAです。E Hula Mauの審査員です。ということで、クムはあっちこっち忙しく飛回っていますが、肝心の私たちは、「またお留守ね」とのんびりしてます。で、のんびりしていると、後でとばっちりが来るので、この間も本当は復習してないといけないんですけどね。でも、やっぱりのんびりさせていただきます!

明日はStatehood Dayです

日本語でなんて言ったらいいんでしょうね?調べてませんが。とにかくアメリカの州になった記念日です。ハワイって本当にユニークな記念日がたくさんあります。カリフォルニアが州になった記念日なんてまったく記憶にありませんもの。そこで、明日はいろいろな催し物がありそうです。あるお店では税金フリーのメールを流していました。NBCではメイド・イン・ハワイフェスティバルが開かれます。私も入場券と駐車場パスまでゲットできちゃったので、ちょっと顔を出して来ようと思います。

で、今日はちょっと歴史のおさらいです。

アメリカの独立記念日はもう皆さんご存知ですね。1776年7月4日

ハワイ王朝が崩壊して、共和国になったのは、1894年7月4日なんですよ。

アメリカに併合されて、領土となったのが、その4年後の1898年8月12日でした。

そして、アメリカの50番目の州になったのが1959年(昭和34年)の8月21日というわけです。

なんで、今年のStatehood Dayが20日か?21日が土曜日だからでしょうかねえ??? 

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
249位
アクセスランキングを見る>>