02
2
3
5
7
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
24
25
27
28
   

Peter ApoとKapalaのCDリリースパーティ

明日からカウアイ島でエピリカコウです。でも、うちのハラウは、今晩はCDリリースパーティでパフォーマンスを予定していたので1日遅れで行きます。私たちは、アンクルの娘さんのカメレのソロでNani Hanalei、カネのKawika、そしてワヒネとグレーシャスレディでLa Elimaを踊りました。サンプルミュージックが聴けますので、お楽しみください。La Elimaなかなか素敵です。



カパラ(右下の方にある中から選んでください)



観客の皆さんも盛り上がっていて私たちも楽しく踊れました。

Maunaluaとフラナイト!

今年になって、この小さなオアフで、カリフォルニア並みの長距離運転をしてまで行くお店ができました。多分日本からの旅行者の方々はすでに経験済みだとは思いますが、カイルアにあるHonuz(ホヌズ)というお店がそこです。今までカイルアというと、表通りのスタバとカリフォルニアキッチンでお昼を済ませて、ラニカイでころがるというのがお決まりのコースでした。



ところが、フラカンファレンスをきっかけにフラシスターとなったあるハラウのクムフラの弟さん(お兄さんかな?)がホヌズを経営されていて、彼女のハラウに属しているミュージシャンが定期的にそこで演奏することになったのです。フラシスターとしては呼ばれたら飛んで行かなければなりません。というのは私の性格であって、まあ基本的にはどこでも出かけて行く、よく言えばジャーナリスト向きの性格なわけです。ということで、今年に入ってから何度タウンからはるばる足を運んだことか。



で、昨日の日曜日はマウナルアの番だったわけです。実はマウナルアのカヒの奥さんもこのハラウに入っているんですね。ということで、カヒとは以前からよくお話ししていたので、それも加えてぜひ参加しなければなりません!(笑)昨日は1時半から始まったエピリのリハーサルが5時過ぎまでかかってしまい、クタクタになっていたんですが、ビールとマウナルアが呼んでいるので、避けて通りたいパリハイウェイをすっ飛ばして行ってきました。



着いたときにはシトシトの雨、彼らのショーもインターミッションになってしまい、私が踊ろうと思っていたMakee 'Ailanaの演奏が終わるところでした。彼らはワイキキのデュークスで毎週金曜午後4時からショーをしていますが、そこにもお友達を連れて何回か行ったことがあるので、着いたときにボビーが「なんで君ここまで来たの?」みたいな顔をしてびっくりしていました。いえ、追っかけではありません。(笑)



実はね、という感じで裏事情を説明しましたが、「どこでも私に会うでしょう?」と聞いたら、「本当にどこにでも出没するね」と妙に納得されてしまいました。ということで、いつものごとく持ち歌、というより持ちダンスでしょうか?2曲踊らせてもらって、後はハラウの人たちやフラダンサーのお客さん達の踊りをたっぷり堪能させてもらいました。でも、昨日のメインイベントは、カヒのお孫さん。マウナルアがメインだったのに、なぜかみんな、ちっちゃなカヒジュニアがおもちゃのウクレレを持ってカヒのそばでスター並みの演技をしてくれたので、そちらにカメラを向けていました。



で、気がつくと私の撮った写真もカヒジュニア中心に何十枚。でもちゃんとマウナルアの歌も楽しみましたよ。ということで、その中の1枚です。

IMGP2509

エピリカコウ2010カウアイ

来週末、26日の金曜から28日(日曜)までカウアイ島でエピリカコウが開かれます。

http://www.epilikakou.com/information.html

アンクル・エドが表彰されるので(去年の分なんですが)私たちのハラウもついて行くことになっています。いつものことですが、曲を確実に渡されたのは今週、で、日曜はリハーサルです。いつ習ったものが出てくるかハラハラドキドキですが、言い訳なしで踊れなければならないのです。ということで、コンピューターに向かっている時間よりもこの2~3日は踊りの練習で、更新が遅れ気味になってしまってます。楽しみにされている方、ごめんなさい。来週はもっとスローになってしまうかもしれません!



皆さんの中にはエピリにいらっしゃる方いらっしゃいますか?お会いできたら声をかけてくださいね。写真を撮る余裕があったら、報告したいと思います。

フラを習いたい?4

さて、随分前に1、2、3と翻訳してまとめたこのシリーズ、途中になっていたので、ここで最終回です。



奥深い知識は学んだものだけが得られる

先生達は、自分たちを教えてくれた師から学んだものを大切にしています。特別なものだからこそ、その知識を忘れずにつなぎとめています。そして、彼らの生徒が受け取る準備ができたときに、その知識を分け与えます。だから「ウニキ」の儀式は究極的な達成の意味があるのです。生徒は先生の信用を得たことになります。先生は、その生徒が教えたことを守っていくだろうと信用したわけです。適切なこと、不適切なことの分別がつくだろう、なぜそうなっているのかという理由も説明できるだろう、と先生は生徒を信用するのです。そうして、先生達が学んだことがまた受け継がれていく。生徒は自立し、自由に創造性を加えていけます。ただし、生徒達は教えることをむげに扱うこともなければ、先生の信用を裏切ることも絶対しません。




E nana, e ho`olohe. E pa`a ka waha, e hana ka lima


ここはハワイ語をそのまま残しましょう。

「見なさい、聞きなさい、口を閉じて、手を動かしなさい」まさしく古き日本の学校教育で言われた様なことですね。今の日本ではこんなこと言われるでしょうか?もう一つ、
「自分でやってみて分からなかったら質問しなさい」




そして最後に、
フラは楽しむもの




アンクル・エドが教えてくれたことの一つに、ハラウでのレッスンの際、ドアの前に立って入室のオリを始める前にその日あった嫌なことや抱えている悩みをすべてドアの外で捨てなさい、というものがあります。もうそこから先はフラに専念するのです。時には難しいことですが、でも、ステップを始めてハンドモーションを練習する頃には、なぜか顔がほころんでいます。フラの一番の魅力ではないでしょうか。

おなじみワイキキでのショー

といってもですね、おなじみなのはうちのハラウにとってなんです。先日お知らせしたショーです。

去年はあまりお声がかからなかったんですが、その前の年などは何回ショーをしたことか。クリスマスの時など半分以上の人がソロで踊るなんてこともありました。風の便りによりますと、3月もあるらしいのですが。場所は観光客の皆さんにはおなじみのインターナショナル・マーケットプレイスです。



一般的にお客さんが少ない時は、ほんとに空席が目立つこともあるのですが、今回6日の土曜日に行われたショーにはたくさんの方においでいただき、おまけに2時間という長い間、ずーっと観ていてくださったのには、もう感謝感激です。パイプ椅子でお尻がいたかったでしょうに。ということで、「椅子に向かって踊ることになっても、プロとして精一杯踊れ」という様なアンクル・エドのメッセージを受けて、私たちも存分に楽しみました。



ということで、うちの近所のお友達が応援に来て写真を撮ってくれましたので、その様子です。

IMG_2527




私はこのぶれたのが何気に気に入ってます!(笑)

IMG_2530

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
288位
アクセスランキングを見る>>