01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラを習いたい?3

さて、雨が日本の梅雨のようにシトシトと降るホノルルの夜も更けて、そろそろベッド時間かな、と思っていたところ「フラ」のテーマを見つけてしまい、ましてや、何か怪しげな文章などを見つけてしまったので、今夜は頑張って先程の続きを書いてしまいましょう!



すべての先生がフラを匹敵できるレベルでマスターしているわけではない




アンクル・エドのワークショップのお手伝いをしていると時々口にすることですが、日本にはハワイよりはるかに多くのフラの先生がいらっしゃいますよね。ハワイでもどんどん若い先生が巣立っています。私の知る限りでは、ハワイでクムと呼ばれる先生たちは、きちんとウニキを終えていらっしゃるようですが、中にはウニキに至る長い修行を得ずに先生となる人もいらっしゃるようです。やはりハラウに入ってフラを習うのであれば、勉強熱心な先生につきたいですね。



クムフラはフラの基礎



「クム」というハワイ語は根源とか基盤を意味します。ですから、クムフラはフラの基盤なのです。古くは「クム」の称号はフラがどのように必要とされ、維持され、そして世代から世代へと受け継がれたか、きちんと理解してそれをマスターした人にのみ与えられたものでした。フラを探求するということは、慎ましさを経験することでもあります。知識や経験を積めば積む程、知るべきことがいかに多いか、そして自分の学んだことがいかにわずかであるかを認識します。この探究心が謙遜の姿勢(ハワイ語でha`aha`a)にしみ込んでいます。最も尊敬されるクムフラは最も慎ましい人でもあります。また、自分たちの同輩を尊敬し、自分たちの生徒たちには、他のクムフラ、ハラウ、他の生徒たちに敬意を払うことを教えます。




母がよく私に教えてくれたことがあります。それは実りの多い稲穂ほど頭を深く垂れる、というものです。謙遜の姿勢を教えてくれた母にいつも感謝します。ハワイと日本、謙遜の文化が似ているところに何か愛着を感じますね。フラは本当に学べば学ぶ程その深さを思い知らされます。アンクル・エドでさえ、まだまだ学ぶことがたくさんあると言います。これからどれだけのことを勉強できるのでしょう。果たして私の頭はパンクしないで頑張ってくれるかな?
スポンサーサイト

フラを習いたい?2

さて、昨日の続きですが、

あ、その前にとんでもないことを発見してしまいました。それは、記事を投稿するときに、現在時刻を設定すると、私のコンピューターの時刻(ハワイ時間)を拾ってしまうので、まさに今、投稿しても日本時間の昨日になってしまうのです。そうです、20時間ぐらい古くなってしまうんですよ。どおりで新着にならない!(笑)



さてさて、気を取り直して昨日の続きです。



2番目はフラスクールを選ぶ際の基準



フラの教室を探す際に、自分がどれだけ打ち込みたいかという意欲の度合いで参加する場所も異なってきます。気軽にリラックスして習いたい、舞台で踊ったりしなくてもいい、そういう場合はコミュニティセンター・リクリエーションセンターなどの教室が良いでしょう。逆に舞台で踊りたい、となるとハラウに入門することが考えられますが、その場合は文化を深く掘り下げて理解していくことが求められます。




日本では、スタジオなどで習われていても、ホイケがあったりするのでしょうか?日本の方は踊れる機会があると、ワイキキでもアラモアナでもディナーショーでもバンバン踊られますよね。私たちはよくモジモジしていたりするので、アンクル・エドには「日本人を見習って踊れ!」なんて言われることもしばしばです。



そのハラウですが、



ハラウは一つの大きな家族



ハラウに入るということは、通常かなりの拘束を強いられます。なぜなら、メンバーの協力の上にハラウが成り立っているからです。生徒たちはそれぞれの努力が実を結ぶよう、お互いに助け合うのです。生徒たちはお互いを「フラシスター」「フラブラザー」と呼び合い、あまり積極的に協力しない生徒に対しては責任を持たせられないとすぐに認識します。




では、ハラウに入っていれば十分?

すべての知識を一つのスクールでは学べない。(英語の元の文は)"Not all knowledge is contained in only one school."

有名な格言です。そして基礎となる事実でもあります。フラには様々な系統があり、その枝葉を継いでいく先生たちは、彼らのそれぞれの創造性をプラスして生徒に教えていきます。だからいろいろなスタイルのフラがあるのです。そしてフラには「これが正しい」というものがないのです。言い換えれば、正しいと言われるフラはたくさんあるのです。もちろん、違っている方法というのもたくさんあるわけです。




私はカリフォルニアでフラを始めましたが、その時はアイハア(膝を軽く曲げて踊る方法)だったので、今のハラウに入って1年目はほんとに大変でした。スタイルがまったく違うのです。手、腕、ステップ、最初は自分のどこが違うのかも分からずに随分悩みました。悩みながらもいろんなフラを見て、時にはワークショップなどにも出てみて、他のハラウの踊り方を認識できるようになりました。今ではワークショップに出たのが縁で「フラシスター」になった若いクムフラもいます。彼女のスタイルはやはりまったく違うのですが、彼女のハラウが集まるパーティーなどにも顔を出して踊らせてもらったりしています。その彼女が言うことがまさしく、この4番目のこと。だから他の人の踊りも受け入れられるのですね。



いかがでしょうか?9つのうち、2~4をまとめてみました。

フラを習いたい?1

アメリカのフラ愛好家がよく利用するウェブサイトにMele.comがあります。そのサイトのフラスクールを探すページをクリックすると右側に「あなた、フラを勉強したいの?」なる質問があります。私はまだメインランド(大陸)にいたときにこのページを見て結構ビビったのを覚えています。でも、そのときこれを読んでおいたからこそ、ハワイに来た後もいろいろな心の準備ができたのだと思います。



私はクムフラでもなければ、トップダンサーとして長年踊ってきたわけでもありません。でも、アンクル・エド(これからは通常の呼び方で進めさせていただきますね)のおそばで通訳をしていくうちに、ただ生徒としてクラスに参加しているだけでは得られないいろいろな知識も習得する機会に恵まれました。彼はワークショップなどをすると、本当にフラを習う上で大切なことをたくさん教えてくれます。それを上手に通訳していくことが私の務めなので、聞き逃すことなく自分の頭に入れるという特典を与えられているのです。このコラムではそのお裾分けをしたいと思います。



さて、先程のサイトのページに戻りますが、ここでミシガン大学の助教授エイミイ・スティルマン女史が、フラを習う上での心構えを9つあげているのです。私なりの翻訳で、かいつまんで解説したいと思います。まずは1つめ、



1. フラは人生そのもの

ハワイ文化において、フラは踊りだけではありません。ダンサーの動きやジェスチャーはその表面、その水面下には創造や生殖、万神殿、神々の降誕、神話・伝説的な功績、歴史的な出来事や場所、先祖を重んじる風習やハワイの人々に取って大切な自然を祝福する文化が息づいています。神聖さはフラに奥深く浸透しており、それは教える側、踊る側においても同じなのです。フラを習う際、ハワイの文化や生き方を理解しそれを享受していけるようにしたいですね。




文字にすると簡単ですが、これがなかなか難しいことではないでしょうか。理解をするということは、形だけまねたのではできないものです。人生を通してフラに接し、フラとともに生き、フラを心底愛して追求し続けた師から、しっかりと学ぶことが大切に思えます。その際大切なのはやはり言葉の理解。歌の意味だけでなく、背景となっているストーリー、作者の心境や、どうしてできたか、そんなところまで調べられると踊りが一つ違うものになるのではないでしょうか。

プロフィール

Tuahine

Author:Tuahine
トゥアヒネのフラブログへようこそ!
一般のロコよりハワイアンな、一般的日本人とはチョと違うフラ愛好家でした♡
どうぞごゆっくり♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's Visit

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1796位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
380位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1200

紹介文:人の心を動かすフラを踊るには、歌の内容を理解することが必須です。フラを愛するあなたにお届けするマガジンです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。